Permalink Redirectでパーマリンク変更後のリンク切れを防ぐ

スポンサーリンク

長いURLが気になっていた

今回、ブログカスタマイズの一環として、パーマリンクの設定を変えました。

開設当初から昨日までの設定は、「年 + 月 + カテゴリー + ポスト名」でした。

http://rikumalog.com/2012/11/walking/2012kokura/

上記の赤い部分がパーマリンク設定で生成される記事URL(パーマリンク)の例。ポスト名は「スラッグ」とも言って、WordPressで任意に設定することができます。

この設定で気になってたのが、

1. どうしてもURLが長くなってしまう。
2. 最後に「.html」などの拡張子がない。

SEOという観点ではどうなのかという観点も含めていろいろ調べたのですが、「気にしなくて良い」「最後にhtmlとした方が効果アリ」と、記事や著者によって言ってることがバラバラ。

ただ、やはりパーマリンクが長いのは良くない、ってのは大半の解説記事で共通していたので、URLを変更することで生じてしまうデメリットもひとまずは把握したものの、おもいきって変更することにしました。

新パーマリンクを設定

新パーマリンク設定は当初、「ポスト名(=スラッグ) + .html」にしようと思ってました。これが最も短くて済むんです。

http://rikumalog.com/2012kokura.html

こうなりますね。短い。

コレでいこうか、と決めかけたところで、以下の記事を読んで気持ちが揺れました。

http://wayohoo.com/google/tips/seo-of-pro-blogger.html

カテゴリーをパーマリンクに含めることについて解説されています。この情報を信じて「カテゴリー + ポスト名 + .html」でいこう、と方針転換。

http://rikumalog.com/walking/2012kokura.html

こうなります。

WordPress管理画面の変更方法

WordPress管理画面の「設定」>「パーマリンク設定」を開き、

変更前のパーマリンク設定

▲ カスタム構造の欄にパーマリンク設定を入力します。上の画像は変更前の状態。

ここで注意!

あとでリダイレクト設定をするので、変更前のパーマリンク指定は必ず記録しておきましょう!

私の例だと、変更前の設定が「/%year%/%monthnum%/%category%/%postname%/」です。これで「年+月+カテゴリー+ポスト名」という指定の意味。

この指定内容を忘れないように記録しておきましょう。なぜかというと、あとで入力しないといけないから

記録し終えたら、新しいパーマリンク指定に変更します。

パーマリンクのカスタム構造を変更

▲ 「/%category%/%postname%.html」という設定に変更。「変更を保存」を押したら、すべての記事URLが新しいものに変換されます。

パーマリンク変更後、早急に必要な作業

パーマリンクが変更されたことで、以前の記事URLは世の中から消えてしまっています。つまり、お友達やブロガー仲間などが記事の中で紹介してもらってたリンクは「リンク切れ」状態になっています。

せっかくリンクしてもらったのにリンク切れにしてしまうと申し訳ないですもんね。なので、早急にリダイレクト設定をしなければなりません

リダイレクトとは、あるURLから別のURLに自動で飛ばしてくれる方式。パーマリンクを変更したことで、今まで「A」という名前だった記事URLが、新たに「B」と変わってしまってます。

他サイトの紹介記事では「A」のまま。「Bに変更してくださーい」とお願いするのも悪いし、1つ1つお願いするのも大変な作業になります。

なので、紹介記事の「A」というリンクをクリックしたら、自動で「B」を表示させるようにコチラで設定してあげればいい。それがリダイレクト設定。郵便ハガキの転送サービスと同じ感じです。

WordPressには、自動で簡単にリダイレクト設定してくれる「Permalink Redirect」というプラグインがあります。

Permalink Redirectの設定画面

▲ プラグインをインストール&有効化すると、管理画面の「設定」に「Permalink Redirect」が追加されているので、クリックして設定画面に移動。

古いパーマリンク構造を入力して保存する

▲ 「Old Permalink Structures(古いパーマリンク構造)」という欄に、さっきEvernoteやメモ帳などへ記録しておいた変更前のパーマリンク設定内容を貼り付けます

「Update Options」をクリックしたら設定完了。これで他のブログなどから古いURLをクリックされても、新しいURLにリダイレクトされます。

パーマリンク変更に伴うデメリット

リダイレクトすることで全てがハッピーになるわけではありません。

まず、パーマリンク変更前に頂いていた「はてなブックマーク(=はてブ)」や、Facebookの「いいね!」はゼロになります。なぜならURLが変わっちゃったから。

この現象は事前に分かっていたので覚悟というか、あきらめてました。しかし、影響はコレだけではありません

今朝になって分かったのですが、今までGoogleやYahooで検索上位となってた当ブログの人気キーワードが全て消え失せてしまいました

検索しても1ページ目には表示されないどころか、2ページ目、3ページ目、どこまで調べても表示されない。

パーマリンクを変えると検索順位がクリアされちゃうってことなのかな。ある期間を過ぎれば元に戻るのか、それとも検索SEOもイチからやり直しになるのかは、まだ調査してないので分かりません。

SNSの数値がクリアされるのは仕方ないとあきらめてたからまだいいのですが、検索上位が全て白紙になったのはさすがにヘコみました。

パーマリンクの変更は皆さん慎重にやりましょうね。長い目で考えればプラスになると信じてるのだけど、直後はデメリットの方が大きいかも。最低でもリダイレクト設定は必ずやっておきましょう。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします