[Я]「Permalink Redirect」でパーマリンク変更後のリンク切れを防ぐ

スポンサーリンク

長いURLが気になっていた

今回、ブログカスタマイズの一環として、パーマリンクの設定を変えました。

ブログ開設当初にWordPressの設定で悩んだ点の一つが、パーマリンク設定。

そもそも、記事カテゴリーをどのように分けるか、まだ明確になってなかった。記事数が少ないし方向性も完全には定まってなかったから、固めるのが難しかった。

開設当初から昨日までの設定は、「年 + 月 + カテゴリー + ポスト名」としていた。

http://rikumalog.com/2012/11/walking/2012kokura/

上の赤い部分がパーマリンク設定で生成される記事URL(パーマリンク)の例。ポスト名は「スラッグ」とも言って、WordPressで任意に設定することが出来る。

んで、この設定で気になってたのが、

1. どうしてもURLが長くなってしまう。
2. 最後に「.html」などの拡張子がない。

SEOという観点ではどうなんだろうと思っていろいろ調べたんだけど、「気にしなくて良い」「最後にhtmlとした方が効果アリ」とか、書く人によって言ってることがバラバラ。

SEOは日々変化してるってのもあるんだろうけど、どの記事を信じればいいのか分からない。ただ、やっぱりパーマリンクが長いのは良くない、ってのは大半の解説記事で共通してた。

URLを変更しちゃうことで生じるデメリットもひとまずは把握した。変更すべきか、このままで行くべきか。かなり悩んだけど結局は変更することにした。

新パーマリンク設定を決定するまでの経緯

当初、新パーマリンク設定は、「ポスト名(=スラッグ) + .html」にしようと思ってた。それがイチバン短くなるから。前述した例だと、

http://rikumalog.com/2012kokura.html

となる。短い。

コレでいこうか、と決めかけたところで、以下の記事を読んで気持ちが揺れた。

http://wayohoo.com/google/tips/seo-of-pro-blogger.html

カテゴリーをパーマリンクに含めることについて解説されている。

んー、カテゴリーは時々変更しちゃうからURLに含めない方がいいな、と考えてたけれど、どうしよう。

悩んだ末、「カテゴリー + ポスト名 + .html」でいこう、と方針転換。

http://rikumalog.com/walking/2012kokura.html

↑こうなる。

WordPress管理画面の変更方法

WordPress管理画面の「設定」>「パーマリンク設定」を開く。

変更前のパーマリンク設定

↑一番下、カスタム構造ってところにパーマリンク設定を入力している。上の画像は変更前の状態。

ここで注意!

あとでリダイレクト設定をするので、変更前のパーマリンク指定は必ず記録しておきましょう!

私の例だと、変更前の設定が「/%year%/%monthnum%/%category%/%postname%/」としていた。これで「年+月+カテゴリー+ポスト名」という指定になる。

この指定内容をEvernoteでもメモ帳でも、なんでもいいので忘れないように記録しておく

記録したら、新しいパーマリンク指定に変更する。

パーマリンクのカスタム構造を変更

↑参考記事にもあった通り、「/%category%/%postname%.html」という設定に変更する。

「変更を保存」を押したら、すべての記事URLが新しいものに変換される。

このままホッと一息するのは早い

パーマリンクが変更されたことで、今までの記事URLは世の中から消えてしまっている。つまり、お友達やブロガー仲間などが記事の中で紹介してもらってたリンクは「リンク切れ」状態になっている。

お友達のブログでせっかくクリックしてくれたのにリンク切れでは「お友達のブログが悪者」になってしまうし、SEO的にも迷惑をかけることになる。

なので、早急にリダイレクト設定をしなければならない

自動でリダイレクトしてくれるプラグイン「Permalink Redirect」

リダイレクトとは、あるURLから別のURLに自動で飛ばしてくれる方式。

パーマリンクを変更したことで、今まで「A」という名前だった記事URLが、新たに「B」と変わっている。

他サイトの紹介記事では「A」のまま。「Bに変更してくださーい」とお願いするのが一番確実なんだとは思うけど、それは大変だし、せっかく紹介して頂いた方々に余計な手間をおかけして申し訳ない。

なので、紹介記事の「A」というリンクをクリックしたら、自動で「B」を表示させるようにコチラで設定してあげればいい。

それがリダイレクト設定。郵便ハガキの転送サービスと同じ感じですよ。

WordPressには、自動で簡単にリダイレクト設定してくれるプラグインがある。「Permalink Redirect」というプラグイン。

以下の記事で詳しく解説してくれてます。こちらの記事を見つけたから私はパーマリンク変更に踏み切ることができた。

http://presentnote.com/redirect-permalink/

上の記事通りにプラグインを導入してみる。

まず、WordPressのプラグイン新規追加画面を使うのではなく、直接プラグインのコードを取得する。以下のサイトでコードを取得できる。

http://scott.yang.id.au/code/permalink-redirect/

プラグインのダウンロード画面

※画面は2012年11月時点のもの。

↑PHPファイルかZIPファイルのどちらかをダウンロードできる。私はZIPファイルにした。クリックしてローカルのどこかに保存。圧縮ファイルなので解凍しておく。

解凍して展開された「ylsy_permalink_redirect.php」というPHPファイルをテキストエディタで開き、1ヵ所だけ改造する

「302」という半角数字でコード内を検索すると2箇所でヒットするはず(2012年11月時点のバージョン)。その2つのうち下の方にあるのが、上で書いているコード。

この中の「302」という数字を「301」に変更する。参考記事に書いてある通り修正した。

変更し保存したら、FTPツールを使ってアップロードする。

ここでも注意! 

プラグインはフォルダ単位で保存されている

↑通常、各プラグインは「/wp-content/plugins」というフォルダ(ディレクトリ)の中に、各プラグイン単位でフォルダが生成されている。

しかし今回のプラグイン「Permalink Redirect」はフォルダを使わない

ファイルのみをアップロードする

上でコードを変更した「ylsy_permalink_redirect.php」、この1つだけを「/wp-content/plugins」にアップロードする。

プラグイン一覧に表示される

↑アップロードが完了したら、WordPress管理画面のプラグイン一覧に「Permalink Redirect」が表示されるので、プラグインを有効化する

Permalink Redirectの設定画面

↑有効化すると、管理画面の「設定」に「Permalink Redirect」が追加されているので、クリックして設定画面に移動する。

現在のパーマリンク構造が表示されている

↑赤枠で囲った箇所に「Current permalink structure(現在のパーマリンク構造)」が表示されている。ここは確認するだけでヨシ。

古いパーマリンク構造を入力して保存する

↑大切なのはココ。「Old Permalink Structures(古いパーマリンク構造)」という欄に、さっきEvernoteやメモ帳などへ記録しておいた変更前のパーマリンク設定内容を貼り付ける

「Update Options」をクリックしたら設定完了。これで他のブログなどから古いURLをクリックされても、新しいURLにリダイレクトされるので、リンク切れは発生しなくなるはず。

ココで設定した「旧と新の設定」以外で変更したURLに関しては当然だけどリダイレクトされない。

パーマリンク変更に伴うデメリット

リダイレクトすることでリンク切れは減るのだけど、それで全てがハッピーになるわけではない。残念ながらパーマリンク変更には痛みを伴う

まず、パーマリンク変更前に頂いていた「はてなブックマーク(=はてブ)」や、Facebookの「いいね!」はゼロになる。なぜならURLが変わっちゃったから。

はてブに関しては削除されちゃうわけではなく、実際には旧URLのはてブとして残り続けている。

http://b.hatena.ne.jp/entry/rikumalog.com/2012/10/wordpress/plugin-201210/

上のは、私のエントリーでたくさん「はてブ」を頂いたものの一つ。

はてなブックマークは消えずに残ってる

↑はてブは消えずに残っている。これは古いURLに対して「はてブ」してもらってるから。もしかすると、もう存在しないURLってことで、将来的には消えちゃうのかもしれない。どうなんだろ。

ブログではゼロになっている

↑ブログでSNSボタン表示を確認してみると、「はてブ」も「いいね」も「ツイート」もすべてゼロになっている。これはブログが新URLになってるから。はてブ等とのリンクが切れてる状態だと思われる。

これは変更する時点で分かってたから、覚悟してたというか、あきらめてた。またイチからやり直そう、と思って。

ただ、影響はコレだけじゃなかったー!

今朝になって分かったのだけど、今までGoogleやYahooで検索上位となってた当ブログの人気キーワード(たとえば「大腸ポリープ」とか「ピーチ 飛行機」とか「Evernote 容量」とか)が全て消え失せてしまった

検索しても1ページ目には表示されない。それどころか、2ページ目、3ページ目、どこまで調べても表示されない。

パーマリンクを変えると検索順位がクリアされちゃうってことなのかな。ある期間を過ぎれば元に戻るのか、それとも検索SEOもイチからやり直しになるのかは、まだ調査してないので分からない。

はてブに関しては事前に分かってたからイイんだけど、検索上位が全て白紙になったのはさすがにヘコんだ…

10月上旬に絶好調だった頃のアクセス数が、10月中旬から謎の下降を続け、ブログ全体のアクセス数が半分以下に落ち込んでしまった。

それでも一部の検索上位キーワードに関してはそれほど影響もなくアクセス数を稼いでくれてたのだけど、今回の検索上位消滅によって、さらにアクセス数が激減。今日の全体アクセス数は目も当てられない状態。

やっちゃったものは仕方ない。イチからやり直せってことなんだと考えよう。

ってことで、パーマリンクの変更は皆さん慎重にやりましょうね。長い目で考えればプラスになると信じてるのだけど、直後はデメリットの方が大きいかも。最低でもリダイレクト設定は必ずやっておきましょう。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします