ズルしてダマして盗み獲る:エディ・ゲレロ【レスラー列伝】

日本では「ブラック・タイガー」として有名でした

亡きレスラーを偲ぶ新企画。第1回がクリス・ベノワだったので、やはり次は盟友のエディを紹介せねばならんでしょ。

エディ・ゲレロは、いわゆる「レスラー・ファミリー」の一人。

お父さんがゴリー・ゲレロという人で、「ゴリー・スペシャル」という技を開発した人としても知られています。あんまり有名な技ではないんですけどね。プロレス知らない人は聞いたことないだろうな。

エディの兄で、ゴリーの長男がチャボ・ゲレロ。新日本プロレスのジュニアヘビー級で藤波辰巳や木村健悟のライバルとして活躍。その後に全日本プロレスに移って大仁田厚と抗争し、日本でも知ってる人が多い有名なレスラー。

もう一人の兄、ヘクター・ゲレロという人も全日本プロレスに参戦したことがあります。

エディの甥で、チャボ・ゲレロの息子のチャボ・ゲレロ・ジュニアも世界的に有名なレスラー。エディとタッグを組んで活躍していた時期もありました。

エディは覆面レスラーの「ブラック・タイガー(2代目)」として、新日本プロレスのジュニアヘビー級で大活躍。獣神サンダー・ライガーやワイルド・ペガサス(=クリス・ベノワ)達とジュニアの大ブームを築き上げました。

もともと、初代タイガーマスクのライバルとして強烈なインパクトを日本のファンに残した「初代ブラック・タイガー」というレスラーがいたんです。正体はマーク・ロコという有名な選手でした。

エディが新日本に参戦した当時は3代目のタイガーマスク(=金本浩二)が活躍しており、そのライバルという設定で登場したのですが、3代目が早々にマスクを脱いで素顔に戻っちゃったことで設定崩壊。でもそのままエディはマスクをつけて闘い続けました。

↑最後に使った「雪崩式垂直落下ブレンバスター」は強烈なインパクトだったので、後にライガーが技を継ぎました。他にも「BTボム」という強烈なオリジナル技を持ってました。

小さい身体でWWEの頂点を極めたエディ

盟友のクリス・ベノワやディーン・マレンコと行動を共にし、アメリカの各団体でも活躍を続け、最終的にはWWEに到達。

WWEの登場当初は女性レスラーに求愛するキャラとして売り出され(その頃から「ラティーノ・ヒート」と呼ばれる)、甥のチャボ・ゲレロ・ジュニアとチームを結成してタッグ王座に輝いたりもしました。

しかし体格が小柄だったせいもあり、ストーリーの中心人物となるには時間がかかったらしいです。

2004年のPPV大会で、当時無敵の強さを誇ったブロック・レスナーに勝利し、悲願のWWE王座を初めて獲得。

↑ついにエディはWWEの頂点を極めました。

初めて見たWWEでのエディは「無気味なヒール」だった

ケーブルテレビに加入し、私がWWEをテレビで観るようになったのは2005年から。ただ、雑誌(週刊プロレス)は毎週欠かさず購入していたので、テレビを観る以前のWWEに関する情報は知っていました。

WWEで活躍していたエディについて、雑誌の情報のみで私が持っていた印象は「小柄だけれど頭脳派で、笑いも取るけどレスリングも上手い選手」。

ズルしてダマして盗み獲る(Lie Cheat and Steal!)」というのがゲレロ家のモットーだ、という設定で活躍してました。

自分が反則攻撃をしようとしたくせに、レフェリーにバレそうになると凶器を対戦相手に渡し、自分は失神したフリをして反則勝ち、という試合が彼の王道で、ファンもその戦法を愛していました。私も一度でいいからそのズル勝ちを見てみたかったんです。


Chris Benoit y Eddie Guerrero / Sosuaonline.net2

ところが、私がWWE視聴を始めた頃、エディはベビーフェイス(いわゆる正義の味方)ではなく、陰湿なヒール(悪役)に変貌してました。

同じメキシコ出身のレスラーで、長らく共に闘っていたレイ・ミステリオを裏切り、ミステリオの息子(設定ではなく本当の息子)の実の父親は俺だ、というドロドロした心理戦を仕掛け、抗争を続けていたんです。

ビックリというか、ガッカリというか。

明るく爽快で、笑いを取ってズル勝ちするエディの姿なんてどこにもなかった。しかも、そのヒールっぷりが陰湿すぎて、正直「引きまくった」。

ミステリオとの抗争が終了し、次のターゲットは当時チャンピオンだったバティスタ。ところがエディは「改心した、俺はアンタの親友になりたい」と言って、バティスタに笑顔で接近を始めます。

最初は疑心暗鬼だったバティスタも、エディが懇親的にサポートするのを見て、徐々に心を開き始めます。エディの闘い方も以前の明るさが戻り始め、ついに私も念願の「ズル勝ち」をテレビで観ることが出来ました。

ベビーフェイスに戻る路線なのか? それとも油断させといてバティスタを裏切る設定なのか? と観ている側も半信半疑だった、そんな矢先の訃報でした。

2005年11月13日の朝、遠征先のホテルで亡くなっているのを甥のチャボ・ゲレロ・ジュニアが発見。動脈硬化性疾患による病死と発表されました。享年38歳。

日本はアメリカより放送が遅れていたので、エディの生涯最後の試合が放送されたのはエディの訃報が報道されて随分経ってからでした。

つまり、私を含む日本のファンは「これがエディの最後の試合だ」というのを判った上で観ていました。そういう視点で見ていると、試合が終わった後に対戦相手のケン・ケネディがイスで頭をおもいっきり殴るシーンにどうしても目がいってしまいます。

叩かれ方がハンパじゃないんですよ。おもいっきりだから。しかも頭部でしょ。もちろんある程度は想定されていて、エディも叩かれることを分かっていて振り返り、腕で防御もしていますが、思った以上に衝撃がキツかったんじゃないか、と。

これが間接的な死因になったんかな~とか、どうしても考えちゃうんですよ。対戦相手を責めてる訳じゃないですよ。これもWWEなんだから。

亡くなった直後のWWE大会は予定を変更してエディの追悼大会となりました。

追悼大会は日本でも急きょ放送されました。あまりに突然だったので日本語字幕もない状態で。だからレスラー仲間たちが涙を流しながら追悼コメントを言ってる場面でも、その内容が残念ながら分からず。

数週間後、通常の放送スケジュールでは日本語字幕が入った状態で再び放送され、そこで仲間たちがエディについて何を語り、いかに愛されていたかを知ることができました。

悪役で嫌われ者だったJBLがインタビューの途中でこらえきれずに泣いてしまうシーン、ベノワが号泣するシーンは今も忘れられません。

エディ死去から少しして、私はケーブルテレビを解約してしまったため、WWEを観ることが出来なくなったのですが、昨年2011年から再びWWEを観戦できるようになりました。

現在WWEでは、エディの本当の奥さんだったヴィッキー・ゲレロが活躍しています。彼女は夫の死の後からWWEショーに出演するようになり、悲劇の人から一転して悪役になり、毎回ファンから猛烈なブーイングを浴びる存在になっています。

彼女を見るたび、いつも思います。ヴィッキーはスゴイ。そして、エディもやっぱりスゴかったんだ。

エディを見ることが出来た期間はとても短かったのですが、今も忘れることが出来ない、大好きなレスラーの一人です。

もっともっと、ズル勝ちするエディを見ていたかった。これは世界中のファンが想っていることでしょう。

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
(最終更新:2016年1月9日)コメントComments Off
CATEGORY :