ほぼ日手帳、サイズ変更作戦は成功! 2016年もカズンでいきます

スポンサーリンク

2016年のほぼ日手帳が発売開始されてます

ほぼ日手帳2016

約1年前に書いた「ほぼ日手帳」エントリーのアクセス数が上昇し始めたので、

「おや、2016年のほぼ日手帳が発売開始になったのかな」

公式サイトを見てみたら、やっぱり発売開始されてました。こういう時、ブログに書いておいて良かったわーと思います。

5年前から使い始めた「ほぼ日手帳」。2011年〜2014年の4年間は文庫本サイズの「ほぼ日手帳・オリジナル」を使っていましたが、今年初めてオリジナルよりも大きいA5サイズの「ほぼ日手帳・カズン」に変えました。

なぜオリジナルからカズンに変えたのか、その理由は1年前のエントリーに書いたので重複しちゃうのですが、改めて簡単に振り返ると共に、今年カズンに変えてどうだったかの感想もあわせて書いてみます。

ほぼ日手帳オリジナルを使いこなせなかった3つの大きな理由

もともと「紙の手帳」の使い方は、たぶんそれほど上手なタイプではないです。上手・下手があるのかどうかは知らんけども。

手帳術みたいな記事も幾つか読んだのですが、どうも私自身にはシックリ来ない。手帳の使い方も人それぞれですからね。日記を書いたり、絵を描いたり、マインドマップで埋めたり、旅や出張の思い出品をスクラップしたり、タスク管理に使ったり、議事録をまとめたり、なんやらかんやら。

そんな中で2010年に「ほぼ日手帳」の存在を知り、これは便利そうや! と購入して2011年から使い始めたものの、白紙ページだらけで全く有効活用できない。資源と金の無駄遣い。

2013年の無駄遣いっぷりが最もヒドくて、「こりゃダメだ、もう手帳買うの止めよう」と思ったものの、もう1年だけ使ってみようと考え直して2014年版を購入

しかし2014年もやっぱりダメで、今度こそ本当に手帳購入を止めよう、と九分九厘決めたにもかかわらず気が変わった、というのが1年前のエントリー

何がダメだったのかを自分なりに分析して、その結果として「手帳のサイズを大きくしたらイケるんじゃねえの?」となって、それまでのオリジナルではなくカズンを購入したんですけど、そもそもオリジナルがなぜ自分に合わなかったのか、大きく言って3つありました。

分析その1:iPhoneで事足りる

「紙の手帳」は学生の頃からかれこれ20年以上使ってます。いろんな用途で使ってました。

そのいろんな用途の大半が、現在はiPhoneだけで済んじゃうんですよ。

スケジュールは「Staccal」に登録する。作業工程や手順、詳細内容などのプロジェクト管理は「OmniFocus」で細かく管理できる。毎日のルーチンワークは「Toodledo」が通知してくれる。Webの気になった記事や覚えておきたい知識は「Evernote」に放り込む。簡単な議事録ならEvernote系メモアプリ「Textever」で入力する。

Staccal 2 - 12種類のカレンダーとリマインダー
Staccal 2 – 12種類のカレンダーとリマインダー
価格: ¥120 (2015.9.24時点)
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
ダウンロード
OmniFocus 2 for iPhone
OmniFocus 2 for iPhone
価格: ¥4,800 (2015.9.24時点)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
ダウンロード
Toodledo: Todo Lists - Notes - Outlines - Habits
Toodledo: Todo Lists – Notes – Outlines – Habits
価格: ¥480 (2015.9.24時点)
カテゴリ: 仕事効率化, 辞書/辞典/その他
ダウンロード
Evernote
Evernote
価格: 無料 (2015.9.24時点)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
ダウンロード
Textever Pro 3 – Evernote ノートをさらに速くとれます。
Textever Pro 3 – Evernote ノートをさらに速くとれます。
価格: ¥1,200 (2015.9.24時点)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
ダウンロード

今まで手帳に書き続けてたものがiPhoneで事足りるようになっちゃった。手帳の出る幕がどんどん減っていったのです。

分析その2:サイズが小さくて神経質になった

ほぼ日手帳のオリジナルは文庫本サイズ。1日につき1ページが用意されていますが、それでも文庫本サイズなので「広々っ!」という感じではありません。

たとえば会議の時に議事録をまとめる際、この小さな1ページに書いてしまうと、ページ全体が埋まってしまって他のことを書けなくなるんじゃないか、ってのが気になるんです。

普通の大きさの文字で書いてしまっても埋まりそうなので、小さい文字で書かなきゃなー、ってのも気になる。

ブログのデザインを考えててイメージを図で描いたりしたい時も、この小さいページでは全然スペースが足りないよなー、と気になる。

結果、大きく何かを書きたい時に文庫本サイズだと小さいからってことで、A4ノートに書いてしまってました。A4ノートって安いじゃないですか。ホームセンターなどで3冊セット数百円とかで売ってますから。つい買っちゃうんですよ。ほぼ日手帳を持ってるってのに。

じゃあ、ちょっとしたメモを取るのに使えばいいじゃないか、って話なんですよね。たとえば職場で取った電話の伝言メモだったり、誰かに依頼された仕事内容の概要だったり。

でもそういう「ちょっとしたメモ」は、100円ショップで売ってる小さなメモ用紙に全部書いちゃってました。100円で安いし、それなりにボリュームあるし、小さいから常に携帯できるのが便利なんですよ。ポケットにも入るし。

ほぼ日手帳の出番、ますます減っていきます。

分析その3:手帳の価格に対するプレッシャー

ほぼ日手帳はオリジナルもカズンもそれなりの値段です。安くはありません。以前に10年以上ずっと愛用していたシリーズの手帳は、カズンの半分の値段で買えます(今も売ってます)。

それでもほぼ日手帳に惚れたのは、手帳を開いたまま机に置いても勝手に閉じない(=開きっぱなしの状態を常に保持してくれる)、というのも大きな理由なんです。

私はデスクワーク、特にPCを使っての作業が1日の9割以上を占めてるので、手帳にメモした内容を見ながらPCで文字入力する局面がとても多いのです。自宅でブログ更新してる時やブログカスタマイズする時もそう。手帳にエントリーの要点や修正内容をまとめてから作業してます。

そんな時に手帳が自然にパタンと閉じてしまうとイライラします。文鎮代わりに何かを置いてても閉じちゃうことがある。その度に手帳を開き直して、ページの端に文鎮もどきを置かなきゃならない。

ほぼ日手帳を使うことで、そのイライラが解消されたのはとても大きい。しかし、お値段それなりです。それなりの値段だから、それなりに有効活用しないとモッタイナイ、と考える。

しかし、iPhoneやA4ノートや100円メモ用紙が手帳の活躍の場をどんどん奪ってしまう。何か書かなきゃ、何でもいいから活用しなきゃ、って焦り始めると逆に何も書けなくなってしまう。なんなんでしょうね、この人間心理は。

ほぼ日手帳カズンに変えて良かったこと

という風にいろいろ考えて、ひとまず2015年は大きなサイズのカズンを使ってみて、これでもダメなら今度こそ紙の手帳を引退しようと考えてました。

20年以上使ってるから、結局は紙の手帳が好きなんです。でも全然使えないなら持ってても無駄ですからね。紙の手帳が自分には必要ないものに変わったんだ、と考えるしかない。

しかし結果的に、カズンにして正解でした。この10年で今年が最も手帳を活用できています

カズンにしてみて何が良かったか、何が変わったか、そして何を変えてみたか、自分なりに分析してみました。

★難しく考えないことにした

これが最も大きいです。高い買い物だから有効活用しなきゃとか、何かを書かなきゃモッタイナイとか、手帳ってそんなゴチャゴチャ悩むようなものではないじゃないですか。

「分析その3」で書きましたが、2015年版として買ったカズンは、以前まで買ってたオリジナルより更に値段が高いです。ってことは「今までより高い分だけ余計に有効活用しなきゃだぜー!」ってなるところですが、買う時点でその考えを捨てました。

iPhoneのアプリだって高くても「これイイ!」と本気で感じたら買っちゃいますから、手帳も同じことじゃないか、と。ほぼ日手帳がイイ! と思ったから買い続けてるんだし、だったらもう買った以上はゴチャゴチャ考えない。活用できても、できなくても、これ手帳ですから。そんな難しいものではない。

以前は「オリジナルを使いこなせるようになったら、次のステップとしてカズンを買おう」と考えてましたが、その意識も捨てました。手帳に初級編も上級編もない。

★書く内容を絞り込まず、自由に書く

電話の伝言メモとか、会議の内容とか、デザインのアイデアとか、何でもいいから絞り込まず手帳に書くようにしました。

ただ、あまりにもフリーダムに書き過ぎると後で確認した時に分からなくなるので、内容ごとに分岐の線を書いて認識しやすくするようにはしています。

★iPhoneと機能がカブることを気にしない

朝起きてPCを起動したら、まずiPhoneの「Staccal」でスケジュールを確認し、Macの「Omnifocus」でプロジェクト作業内容を確認し、その中で今日すべきことをMacの「Toodledo」に登録しています。

毎日あるいは毎週、定期的に繰り返すルーチンワークは既に「Toodledo」へ登録済みなので、それ以外の「今日すべき作業」は毎朝のタスク管理作業で登録し、同時に確認・認識するようにしています。

最後にOmnifocusとToodledoを同期させてiPhoneで参照できるようにして、タスク終了する度にiPhoneで完了の登録、というのが私のタスク管理。

この「今日すべきことをToodledoに登録する」のと同じ内容を手帳のページ先頭に手書きするようにしました。iPhoneのToodledoと内容カブるんですけど、それは気にしない。作業時間も1〜2分なので大した負担じゃないし。

やるべきタスクが完了したらToodledoの「完了」にチェックして、同時に手帳にも書いてたタスクのところを緑色のボールペンで線を引いて消すようにしました

緑色じゃなくて青色でも赤色でもいいんですけど、要は「作業を1つ終えた」ということを手帳でも視覚化したかったのと、黒ではなく別の色にすることで元々のタスク内容を(線を引いた後でも)見やすくするようにしたかった。

この「緑のボールペンでピピッと線を引く」作業ってのが実に気持ちイイんですよ。iPhoneのタスク管理アプリだとチェックボックスをポンとタップするだけなんですが、手帳だと文字全部に線をビーっと引くことで「やり終えたぜ感」が増します。今年初めてやってみて気付きました。

ブログのエントリーを書く時も、要点を手帳にまとめて、1つ書き終えるごとに緑の線を引いていけば進捗が把握できます。これも簡単なタスク管理。

★大きい・広いは正義

オリジナルよりもページサイズが大きなカズンにしたことで、気持ちに余裕が生じました。

小さい文字にしなきゃーと神経質になることもなくなったし、もし1ページに収まらなければ空白のある別のページに続きを書いて、赤い文字で「続きは何月何日のページ」と書けば後で分かりやすい。

「1日1ページ」という概念にとらわれ過ぎず、書きたいことは何でも書けばいいという意識に変えました。今日が9月24日だからって、9月24日のページに必ず書かなきゃいけないというルールにしなくてもいいんだよなーと。

★専用下敷きが予想より遙かに便利だった!

2015年版のほぼ日手帳カズンと一緒に買った、カズン用の専用下敷き。

軽い気持ちで買ったんですけど、これ、想像した以上に便利でした。下敷きを買ったのも活用できた大きな理由なのかもしれない。

ほぼ日手帳カズン

↑ ほぼ日手帳には(他の手帳と同様に)しおり代わりとなるヒモが最初から付いてます。下敷きはしおり代わりにもなると解説されていたんですけど、ヒモがあるからそれは別にいいやー、とそれほど重要視していませんでした。

しかしですね。

ほぼ日手帳カズン

↑ 下敷きをしおり代わりに使うと、まずパッと見ただけで「今日ここね」ってのが分かるし、今日のページを開く際に速度が違います。スパッと瞬時に開けます。これがストレス溜まらなくて気持ちイイ。

ヒモのしおりだと、まずヒモを引っ張って少し隙間を作って、そこを指で開いて今日のページ、って感じになるはずなんですよ。下敷きをしおり代わりにしてページ開いたときと比較して、おそらく時間的には1秒も違わないので大差ないんですが、下敷きの「スパッ」ってのを体験すると気持ち良くてクセになります。私は今年、ヒモを1回も使用していません

ほぼ日手帳下敷き

↑ 下敷き本来の用途である「書きやすい」「ページの裏に跡が残らない」という点でも当然ですが便利です。もともと私は筆圧が強かったらしく、下敷きを使うようになってとてもスラスラとスムーズに書けるようになりました。もちろん裏に跡も残りません。

私が購入した2015年版の下敷きはブラック&イエローの色使いでしたが、2016年版の下敷きはワインレッド&ミントブルーの組み合わせで新発売のようです。オリジナル・カズン・WEEKS、それぞれのサイズに専用下敷きが用意されてます。詳しくは公式サイトにて。

2016年版を小倉ロフトで買ってきた

2015年はあと3ヶ月ちょっと残ってますが、9月時点で「カズンにして大正解」だと確信できましたので、来年2016年も引き続き「ほぼ日手帳カズン」を利用するのに迷いは一切ありません。

ってことで来年の手帳が早くも発売開始されたようだし、早速買いに行ってきました。

小倉ロフト

↑ 行ってきたのはJR小倉駅前、「コレット」内にある小倉ロフト。

昨年と同じく、今年もオフ会「北九うまみ会」の開催直前に立ち寄ってきました。幹事なのに遅刻しそうで、幾つかプライベートの用事をこなさねばならず急いで走り回ったため、小倉ロフトに着いた時は汗ダク。レジが大行列で、並びながら流れる汗をふくのが恥ずかしかった…。

小倉ロフト

↑ ほぼ日手帳の売り場。福岡市にある「天神ロフト」は売り場がもっと広く、手帳カバーの種類も豊富ですし、小倉ロフトには売ってなかった下敷きもあります。

昨年はカズンを初めて買うのでカバーもカズン用に買い換えねばならなかったのですが、小倉ロフトにはお目当てのカバーがなく、さらに下敷きもなかったので、後日天神ロフトで購入しました。

小倉ロフトほぼ日手帳売り場

↑ 今年は手帳本体だけ買えば良かったので、小倉ロフトでも大丈夫。

ほぼ日手帳2016

↑ ほぼ日手帳を初めて購入した2011年は公式サイトでWeb注文し、配送してもらいました。Webで購入する場合は別途送料がかかり、また届くまで日数も少々かかります。

ロフトの店舗がある都道府県の人は、直接ロフトに行って購入したほうが送料も不要だし、すぐ手帳をゲットできます。ただ小倉ロフトのように在庫や種類が少ない店舗もありますので、自分好みの手帳カバーを買いたい人はWeb注文のほうがいいです。

ちなみに2015年9月現在、九州でロフトがあるのは福岡市・北九州市・大分市の3箇所のみ。詳しくはロフトの店舗一覧をどうぞ。

ほぼ日手帳2016

↑ というわけで、2016年も「ほぼ日手帳カズン」でいきます。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

繰り返しになりますが、手帳の使い方は人それぞれ、千差万別です。

私には私の「オリジナルではダメで、カズンだと良かった理由」があったけど、これが多くの人に当てはまるとは限らないし、逆にカズンではデカ過ぎる、オリジナルくらいがちょうど良い、という人もいるでしょう。

手帳にどれだけの思いや信念を込めるかも人それぞれです。手帳の中に人生を凝縮させる人だっているかもしれませんが、私は難しく考え過ぎて失敗したので、あくまで手帳は「メモできる紙の集合体」とラクに考え、好きなように書いていくことにしました。

好きなように書いていくってのは、このブログとおんなじ考え方ですね。ストレス溜めないのが一番です。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :