[Я]2013年、入れて正解!と自分を誉めたいiPhoneアプリ7つ

スポンサーリンク

今年も様々なアプリのお世話になりました

Success!
Success! / ryochiji

2013年もいよいよ最終日。月報と「2013年の振り返り」エントリーは年が明けてから公開しますが、年が変わらないうちにも何かまとめエントリーを書いておかねばなー。

と考えてたら、昨年はiPhoneアプリのまとめエントリーを書いてました。

Praying Angel by nikoretro


なので今年も書いちゃおう。

ただ、自分にとっての神アプリが毎年コロコロ変わるってのもなんだか妙なので、今年はあくまでも「2013年、自分のiPhoneにインストールしたアプリ」に限定して紹介します。

2013年に初リリースされたアプリではない(=昨年以前にリリースされてる)ものもあります。あくまで私が今年入れたという意味。中には昨年だったのもあるかもしれないけど、ええーい始めてしまえー!

iWorkspace

iWorkspace
iWorkspace
価格: ¥300 (2013.12.30時点)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
ダウンロード
ss1ss2

私はランチャーアプリの使い方がどうにも下手で、その理由の一つは「URLスキームが理解できてない・活用できない」ってのがあるんです。

この「iWorkspace」もURLスキームを主に使うんですけど、なんとか使えるようになりました。というのも、すごく便利な機能があるからどうしても使いたかった。

他のランチャーアプリと決定的に違って感動したのは、複数のアプリを連続起動できること。

以前はウォーキングの際に複数アプリで距離や時間を計測してたんですけど、1つ1つを起動して、計測開始して、次のアプリに切り替えるのってアホみたいに時間かかるんです。

あまりに時間がかかるので、大きなウォーキング大会のスタート時に複数アプリの計測セットしてて、ふと前を見たらスタート地点には私以外誰もいなかった、ってことが現実にありました。

「iWorkspace」の連続起動設定を使えば、最小限のタップだけで次々と計測開始できますので、これは本当に助かりました。

30/30

30/30
30/30
価格: 無料 (2013.12.30時点)
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
ダウンロード
ss1ss2

機能がとても豊富なので、各機能を駆使すればタスク管理のようなことまで出来ちゃいます。これで無料。

私はポモドーロ法のような使い方をしたかったので、各作業に「これは40分1セットだな」「これは30分にしよう」と事前に決め、各セットが終了したら5分休憩を取るように設定しています。

ブログのエントリーを書く時も、仕事でプログラムを組む時もそうなんですけど、いったん集中し始めたら時間が気にならなくなり、あっという間に数時間が経過し、結果的に疲れが倍増したり頭痛がひどくなったりして、むしろ効率が悪くなることもこれまで多々ありました。

この「30/30」を使うようになったことで、定期的に作業を中断し休憩を取ることが簡単にできるようになりました。

Qontact

Qontact - 便利な早引き連絡帳
Qontact – 便利な早引き連絡帳
価格: ¥200 (2013.12.30時点)
カテゴリ: ユーティリティ, ライフスタイル
ダウンロード
ss1ss2

うちの職場は「仕事専用の携帯やスマートフォン」など支給してくれないので、公私ともに自分のiPhoneを使って電話するし、メールも送ります。特に電話は頻繁に使ってます。

以前はiPhoneのドックに電話アプリとメッセージアプリを設置してました。どちらも使用頻度がとても高かったので仕方なかったのですが、Qontactの登場により、このアプリ1つで役目を果たしてくれるようになり、電話アプリとメッセージアプリをドックに常備する必要がなくなりました。

特によく電話を掛ける相手は「お気に入り」に登録しておけば、Qontactの起動画面で表示されます。電話・メッセージとも表示できるので、電話アプリとメッセージアプリを使い分ける必要もない。お気に入り以外の人も検索すればすぐ表示できるのは便利。

CopyCenter

コピペするなら CopyCenter Free - iCloud対応コピー&ペースト強化アプリ無料版
コピペするなら CopyCenter Free – iCloud対応コピー&ペースト強化アプリ無料版
価格: 無料 (2013.12.30時点)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
ダウンロード
ss1ss2

ブラウザでニュース記事やブログエントリーを読んでる時など、幾つかの文章や単語などをまとめてコピーしたい時があります。

今までであれば、1つコピーしてどこかにペースト、またコピーしてどこかにペースト、ってのを繰り返すしか「まとめてコピペ」が出来なかったんですけど、それを解決してくれたのがCopyCenter。

CopyCenterを起動してから、コピーしたい文字列や単語をどんどん連続でコピーすれば、CopyCenter側にそれらがまとめて表示されます。それらをマージして1つの文章に連結させることもできます。

逆に、住所や会社名や電話番号などが1つの長文になってるものをエリア指定でコピーした場合、CopyCenter側でその文字列を1つ1つの「住所」「会社名」「電話番号」に分解してくれる機能もあります。

まだ分解でよく失敗しちゃって上手く使いこなせてないのですが、連続コピーからのまとめペーストは便利さを実感できています。

MoneyTree

Moneytree - 賢いお金のアシスタント
Moneytree – 賢いお金のアシスタント
価格: 無料 (2013.12.30時点)
カテゴリ: ファイナンス, 仕事効率化
ダウンロード
ss1ss2

自分用に使えるお金を「りくま貯金」として家庭の口座とは別に持っています。嫁に内緒とかじゃないですよ。嫁にも金額は常に公開してます。

その「りくま貯金」用に作った口座は、全てMoneyTreeでリアルタイムに参照できるようにしているため、たとえば書店でついつい書籍を衝動買いしちゃいそうになったときに、いったん冷静になってMoneyTreeを確認し、今月は余裕がないから1冊にしとこう、などといったことが出来るようになりました。

ただ、あんまり頻繁にアプリを起動して金額をチェックすると「はあー、貧乏ってイヤだイヤだ」と哀しくなるので、確認する必要が生じた時だけ見るようにしています。ネット銀行を使ってる場合などは特に、外出先でiPhoneから残高を確認できるというのは大変便利です。

PostEver

PostEver - 1日分のメモが1つのEvernoteノートに
PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに
価格: ¥600 (2013.12.30時点)
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
ダウンロード
ss1ss2

日々発生する出来事のうち、特に興味深くて記録に取っておきたいものだったり、後で忘れたら困るものに関して記録するアプリとして、現在はPostEverが完全にメインとなりました。

今年に入ってから同様のアプリとしては「Flava」→「Day One」と推移し、どちらも結構気に入って愛用してたのですが、Evernoteにデータを保存できないってのが最大のネックだったんです。

各アプリ内で思い出が蓄積されていくのはイイんですけど、どうせならEvernoteに集約させたい。PostEverはEvernoteに保存できて、しかも同じ日であれば異なる時間に何度保存しても「1日のノート」として自動的にまとめてくれます。

文章だけでなく写真や地図データ(位置情報)も登録できますので、ライフログとしての使い方も万全。タグやチェックボックスなどEvernoteの標準機能も対応してるので、Evernoteに日記的なデータを蓄積していきたい人には選択肢の一つとして大いにアリだと思います。

SmartEver

SmartEver
SmartEver
価格: ¥200 (2013.12.30時点)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
ダウンロード
ss1ss2

SmartEverで記入してEvernoteに保存した場合は、SmartEver専用のタグが付加されます。後日SmartEverでノートブックを参照・確認したい場合は、専用タグの付いているものだけが抽出対象になるため、通常のEvernoteアプリなどで検索するよりも遙かに高速でお目当ての文章を発見できます。

最近、セミナーや勉強会での議事録、職場や取引先での打ち合わせ内容、緊急を要する対応の詳細などは全てSmartEverで登録・参照するようになりました。外出先でEvernoteの内容(SmartEver限定ですが)を瞬時にパッと確認できるってのは便利です。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

今回紹介したアプリは基本的に、先日初めて書いた「iPhoneホーム画面のまとめエントリー」にて紹介したものとカブってます。

catch20131122


catch20131123


2014年はどんなアプリに巡り会えるかな。OmniFocus2が入ってるといいなー。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :