Google「パンダアップデート」は当ブログに影響したのか調べてみた

名前は聞いてたけど、調べ方を知らなかった

今年の7月に実施されたとして大きく報道されたGoogleの通称「パンダアップデート」。

Googleの検索画面で調べたい言葉を入力し検索すると、検索結果が表示されますよね。最初の1ページ目に表示されたブログ記事やサイトのページは、当然ながら多くの人の目にとまるため、それだけアクセスが増加します。

しかし、中には「好ましくない方法」を駆使して検索上位に表示させるブログやサイトも多いため、Googleは検索に関するアルゴリズム(ルールとか仕組みだと思ってください)を定期的に変更しているようなんです。

その中でも特に影響度が大きいのを「●●アップデート」と呼んでいて、前述した7月の「パンダアップデート」は影響がとても大きかったんだそうです。

不正なことをしているサイトの順位を下げ、有益な情報を提供しているとGoogleが判断したサイトは順位を上げ、検索結果の質を高めて利用者に提供しようというのが主旨。

中には今まで上位表示されていたのに、パンダアップデートを機に検索順位が落ちたり、最悪の場合は検索結果の対象外にされちゃったところもあるんだとか。

当ブログは現時点で、

◆Googleなどの検索から … 6割
◆Twitter、FacebookなどのSNSから … 2割
◆各ブログなどの紹介記事から … 1割
◆不明 … 1割

ザックリ言うと上のような割合となっています。つまり検索結果に大きく依存していると言い換えられます。

まだまだそんなにアクセス数が多いブログではないのですが、それでも「パンダアップデートって、うちのブログに影響あったんだろうか」というのは多少気になってました。

影響の有無を調べる方法が紹介されていました

そんな中、昨日の日報でも紹介させて頂きましたが、Googleの検索アルゴリズム変更による影響の有無を確認できるサービスがあることを知りました。

http://www.panguintool.com/

↑上のサイトで確認ができます。

screenshot_04

↑この確認作業は、アクセス解析ツール「Google Analytics」へのログインが必要となります。まずは「Log-in to Analytics」をクリック。

screenshot_05

↑「アクセスを許可」をクリック。

screenshot_06

↑複数のブログやサイトがある場合、または同じブログ・サイトでも複数のフィルターを設定している場合は、該当するフィルタをクリック。

この後、診断結果が表示されます。

screenshot_07

↑当ブログの診断結果が出ました。

緑色の折れ線グラフがGoogle検索によるアクセス数の推移。

赤色の棒がパンダアップデート、水色の棒が「ペンギンアップデート」というアルゴリズム変更が実施された日を指すようです。

赤色や水色の縦棒の直後に緑色の折れ線グラフがドーンと下がってる場合は、Googleのアルゴリズム変更で影響を受け、検索によるアクセスが下がったことを意味します。

直近で最も大きかったパンダアップデートは右から3番目の赤い棒

当ブログは下がってない。むしろ上がってる。パンダアップデートのおかげで若干ですがアクセス数が増えてるようです。安心した。

7月のパンダアップデート後と、右から2番目のパンダアップデート後にアクセスが下降してるのは、オリンピック記事などいろいろ特需があって、アクセス集中がボーンと増えた後で落ち着いたことによる下降です。

ってことで、当ブログは「今のところ」ですけど、Googleさんのアルゴリズム変更による影響は受けてないっぽい。良かった。

ただ、1~2点ほどSEOという意味であんまり良くないかなという点が以前から気になってるので、落とされないうちに改善しなきゃ、とは思ってます。

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
(最終更新:2015年5月5日)コメントComments Off
CATEGORY :