ビートルズ英会話#2:フロム・ミー・トゥ・ユー

スポンサーリンク

簡単な歌詞解説

今回のお題は「フロム・ミー・トゥ・ユー(From Me To You)」。

タイトルからして簡単な英語表現ですね。「私からアナタへ」という、昔々にビューティーペアがリング上で唄ってたのと同じフレーズです。古いか。

From Me To You

From Me To You

収録アルバム『Past Masters (Vols. 1 & 2 )The Beatles EMI CatalogueAmazonデジタルミュージック

この曲も初期のビートルズに多いラブソング。ただ、歌詞の内容を見てると、両想いの恋人同士というよりも、なんか男が女を口説いてる感じがしないでもない。気のせいか。

まずタイトルは常とう文句ですね。「from A to B」で「AからBへ」という意味。

from a countryside to a big city
(地方から大都市へ)

吉幾三が若い頃に使った用法ですね。嘘ですよ。

Aメロでタイトルのフレーズ直前についてる「with love」とは、「愛を込めて」というニュアンスの言葉。ラブレターなどの最後に付け加えるフレーズなのでしょう。

Aメロ全部を和訳してみます。

If there’s anything that you want
(何か欲しいものがあるのなら)

If there’s anything I can do
(何かボクに出来ることがあるのなら)

Just call on me and I’ll send it along
(何でも言ってくれよ、全部ボクが送るから)

with love from me to you
(愛を込めて ボクからキミへ)

call on」は「要求する」とか「訪問する」とかの意味。今回は「何でも言ってよ」くらいのニュアンスじゃないでしょうか。

along」は「~に従う」という意味がありますので、「言われたものは何でも送っちゃうよ」というニュアンスかな。

あとはBメロが、なかなか欲求不満でイイのではないかと。

I got arms that long to hold you and keep you by my side
(キミを抱き締めてずっと側にいられる腕もあるぜ~)

I got lips that long to kiss you and keep you satisfied
(ウットリさせるようなキスをする唇もオレは持ってるぜ~)

「long」という単語は「長い」という意味の他に、「long to」と使うことで「熱望する」という意味もあります。

なのでキスの下りは、まず「keep you satisfied」で「キミを満足させてあげる」。それを「long to kiss you」だから「キミにめっちゃキスしたい」というニュアンス。

下心マンマンやないですか。

この曲に関する余談・エピソード

「フロム・ミー・トゥ・ユー」は、ビートルズ通算3枚目のシングル曲。

ビートルズが活動中の頃はアルバム未収録で、「オールディーズ」というベスト盤に収録されていましたが、その「オールディーズ」が廃盤になった後は「パスト・マスターズVol.1」というベストアルバムに収録されました。

この曲の1つ前、通算2枚目のシングル「プリーズ・プリーズ・ミー」が初の大ヒット。イギリスのメロディー・メーカーという雑誌のヒットチャートで1位を獲得しました。

Please Please Me

Please Please Me

収録アルバム『Please Please MeThe Beatles EMI CatalogueAmazonデジタルミュージック

イギリスで人気急上昇となったビートルズが続いて発表した「フロム・ミー・トゥ・ユー」は、他のチャートも含めて全英チャートで1位を獲得。これでいよいよビートルズがイギリスを席巻するようになります。

AメロからBメロに切り替わる「I got arms that long to~」のところでコード進行がマイナーに変わります(Gm7らしいですね)。

1995年に制作された「アンソロジー」のドキュメント映像で、ポール・マッカートニーがこのマイナーコードへの転調について「今までのボクらでは作れなかった。音楽的に進歩できてる気がして嬉しかった」というニュアンスの発言をしています。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします