NHKドラマ「ちょっとは、ダラズに」のロケ地散策@米子・加茂川

スポンサーリンク

NHK鳥取放送局が制作した地域ドラマ

2014年1月にNHK BSで放送された「ちょっとは、ダラズに。」という1時間ドラマがあった。

NHK鳥取放送局が制作したドラマで、舞台となったのは鳥取県米子市。つまり私の生まれ故郷。鳥取大学医学部附属病院や博愛病院などがロケ地となり、撮影が行われたと書かれている。

【参考】ちょっとは、ダラズに。 – Wikipedia
【参考】鳥取発地域ドラマ『ちょっとは、ダラズに。』 | NHK鳥取放送局

主演は黒川智花。共演が古谷一行、森昌子、竜雷太などの顔ぶれ(敬称略)。他に子役として小林星蘭ちゃんという天使のように可愛らしい女の子も出演していた。

久々に故郷の風景が見られるということで楽しみにしていたこのドラマ。介護や医療の人手不足、保育所や働く母親の問題、そして地域おこしなど、とても有意義で素敵な内容のドラマだった。泣ける場面もあったし。

※残念なことにDVDなどの映像化は現在されていない。しかしネットで検索すれば某映像視聴サイトに1時間のフルバージョンでドラマがシェアされており、視聴することができる。

著作権の問題があるため当エントリーには掲載できないが、ドラマをご覧になりたい方々は「ちょっとは ダラズ」などのキーワードで検索してもらえれば(動画が削除されていない限り)すぐ見つけられるはず。

しかし驚いたことが1つ。ドラマに出てきた場所の大半を知らなかった

「これどこ?」
「こんな所、知らんぞ!」
「米子にこんな風景あったっけ?」

などなど、ドラマを見ていた1時間の間、何度も驚いて叫んでしまった。

米子市に住んでたのは随分昔のこと(30年以上前)なので忘れてしまったのかなとか、生活圏外で遠くの場所なのかな等と考え、ロケ地をGoogleマップで調べてみたら、自分が通ってた高校のすぐ近くだった。それにもかかわらず1回も訪れたことがないエリア。やはり忘れていたわけではなかった。

これは今度帰省した時に散策してこなきゃならんなあ、とドラマを見た時に決意。それから2年近く経過し、今回久々に帰省して街を散策している途中に偶然訪れたのが今回紹介するロケ地だった。ドラマのことを完全に忘れてた。

加茂川は知ってたけど初めて見た

加茂川

▲ 米子の市街地を散策していた途中、川の中を気持ち良さそうに泳いでいる白鳥を発見。

加茂川

▲ 複数泳いでいた白鳥を追い掛けながら川に沿って歩いて行く。

歩きながら「見たことない景色のはずなのに見たことあるような気がするなあ」などと考えていた。この時点でまだドラマのことは思い出していない。

加茂川の遊覧船

▲ 遊覧船を発見。ここで記憶のスイッチが突然入る。「あ、米子のドラマに出てきた舟じゃないか!」と急に思い出した。

ドラマ中では竜雷太(米子市商店街を仕切ってるオジサンの役)が黒川智花(子育てのため東京から鳥取に引っ越してきた看護師の役)と小林星蘭(病気がちな娘の役)の親子を舟に乗せて米子市街の観光に連れていってあげるシーンで登場した遊覧船。

加茂川中海遊覧船

加茂川中海遊覧船のりば(米子市中町89)。

「加茂川中海遊覧船」と書かれているということは、加茂川だけでなく中海も遊覧できるということなのかな。

ちなみに「中海」とは鳥取県と島根県にまたがって広がる、日本で5番目に広い湖のこと。

加茂川

▲ 当初は白鳥の写真だけ撮ってUターンする予定だったのだが、突然ドラマのことを思い出し、「この辺りがロケ地だったんだな」と気付いたので散策してみることにした。

森昌子さんはみんな覚えてたのだけど

下町館かどや。つなぎ地蔵

▲ 四つ角に地蔵を発見。「つなぎ地蔵」と書かれてある。ここもドラマの中で見たような気がするんだよなあ。

下町館かどや、つなぎ地蔵

▲ 下町館かどや(米子市尾高町28)と書かれてある。建物の中で数名の女性が談笑していたところにお邪魔して質問してみた。

りく「確か2年か3年くらい前だと思うんですが、この辺りでドラマのロケがなかったですか?」

女性A「ありましたよ、ここの通りでも撮影してたよね」

女性B「してたしてた」

りく「ドラマの名前、何でしたっけ?」

女性A「んーーーーーーー」

女性B「忘れたねー」

りく「主演してた女優さんの名前分かります?」

女性A「森昌子さんよ、あそこ(=と言って近くにある鳥取大学医学部附属病院を指差す)の大学病院の看護婦さんの役やったかねえ」

女性B「違う違う、主演は若い女優さんのほうよ」

りく「でしたよね、私もそのドラマ見たんですけど思い出せなくて」

女性A「んーーーーーーーーーー」

女性B「忘れたわー」

その後、女性2名から「どうぞ中に入って」「お茶でも飲んでいって」「美味しい焼き芋あるから是非食べてって」と何度も熱烈に誘われたのだけど、地域の集会所っぽかったからヨソ者が入るのは申し訳ないかなというのと、ウォーキング中で休憩したくなかったので丁重にお断りした。

あとで調べたら「下町館かどや」は観光案内所だったらしい。入っておけば良かった。

岩倉町

▲ この道も見覚えがあったので、近くにいた数名の方々にドラマの質問をしてみた。

森昌子さんが出演していた、というのは聞いた人全員が記憶していた。さすがの知名度。「ちょっとは、ダラズに」というドラマ名を記憶してらっしゃった方も2名。

しかし、主演女優の名前が(私を含めて)どうしても出てこない。

「えっとねー、黒……黒……黒なんとかさん」と惜しかった人が1名。

「ロケの休憩中、うちの店に入って私とオシャベリしたんやけどねえ」と笑った人が1名。だったら名前覚えといてあげて!

中でもとびっきりフレンドリーな人がいて、ドラマに出演してた俳優さんの名前を思い出そうと苦闘してくれた。

「あの、ほら、なんやったっけ、ああそうそう『失楽園』に出てた人! 名前が出てこんわ! えーと、んー、ああ分かった! 津川雅彦!」

「津川雅彦って失楽園に出てましたっけ?」

「出てないな、ごめんごめん、イヤらしい人って想像したら津川さん出てきた」

「ひでえwww」

という会話を交わして初対面同士で腹抱えて爆笑したのだけど(正解は古谷一行。津川さん及びファンの方々ごめんなさい)、この人が他にもドラマ撮影時のエピソードとか、周囲の観光名所のことなどをすごく親切に教えてくれた。

(今回話しかけた人、全員とてもフレンドリーだった。米子ってこんなに人が良い街だったのか)

地蔵を巡る散策

前述した「津川さんを思い出した」人に教えてもらったネタとして、

「近くにお寺の連なってるところがある」
「この辺りはお地蔵さんが多い」
「あそこを左に曲がって右に曲がったらデッカイお地蔵さんがいる」

というのがあった。3つめは何を言ってるのか全然分からなかった(あとで分かった)。

お寺巡りに関しては、米子市寺町というところに万福寺から福厳院までズラーっとお寺が並んでいる。実際に歩いて巡ったのだが、観光客や地元の人が意外と大勢いて写真を撮れなかった。

歩いてる時は寺の境が分からなくて幾つあるのか数えられなかったのだが、Googleマップで数えると9つある。

加茂川

▲ お地蔵巡りは確かドラマの中でも紹介されていた。娘が「あるお願い」を叶えたくて、全部巡れば願いが叶うと言い伝えられる加茂川の地蔵巡りをするというシーン。

ドラマの中では子役の小林星蘭が地蔵マップを持って散策していたのだが、私はマップを持ってないのでどこにどんな地蔵があるか分からない。

川守地蔵

▲ 適当に歩いてると大きなお地蔵さんの祠を発見。川守地蔵と書かれている(後でドラマを見たらここも登場していた)。加茂川が直角に折れる角の場所にある。

加茂川

▲ 風情ある加茂川を眺めながらさらに進んでいくと、

咲い地蔵

▲ 何やらデッカイお地蔵さんを発見。「あそこを左に曲がって右に曲がったら」ってのはコレだな。ようやく意味が分かった。

咲い地蔵

▲ 赤い提灯に書かれている「さきいじぞう」って何だろう。

咲い地蔵

▲ お地蔵の後方に読み方が書かれていた。「咲い」と書いて「わらい」と読むらしい。「笑い地蔵」って聞いたことがあったけど、これのことだったか。

(住所は「鳥取県米子市西倉吉町57」)

咲い地蔵

▲ ドラマでは「咲い地蔵」のすぐ近くに母子2人が住んでいるという設定になっており、作中で何度もこの地蔵が登場する、「ドラマのキモ」とも言うべき場所になっていた。

咲い地蔵

▲ 子役の小林星蘭ちゃんに後ろ姿のよく似た可愛らしい女の子が参拝していた。

地蔵マップが実際にあるのか聞いてみた

ドラマ中で女の子が持っていた「地蔵巡りマップ」が実際に配布されているのかを調べたのだけど、情報を発見することができなかった。ドラマ中のオリジナルなのか、昔は配布されていたのかも不明。

ドラマ中のものとは別に、米子市役所の文化課という部署が制作した「米子・加茂川 地蔵さん巡りマップ」というものが2017年3月から無料で配布されているらしい。A3サイズの用紙を3つ折りにしたタイプ。

米子市役所・文化課に電話で確認したところ、以下の通り情報を頂いた。(ブログ掲載の了承を頂いてます)

◆先月から配布を始めたばかりなので、まだ部数に余裕はある。
◆現在の配布分が全てなくなった場合、再度制作する予定は現時点でない。
◆米子市のサイトなどで地蔵マップのPDFデータを公開してダウンロード可能にするなどの予定も今のところ無い(が検討してみる)。

(電話確認したのは2017年4月)

ということで現時点では余裕があるものの部数に限りがあるため、欲しい方はお早めの入手が吉。

ちなみに「地蔵さん巡りマップ」は配布場所を随時拡大していくとのこと。2017年4月時点で入手可能な無料配布スポットは以下のとおり。

◆米子市観光案内所 … JR米子駅構内
◆米子市観光協会 … 鳥取県米子市中町20 米子市立山陰歴史館(市役所旧庁舎)2階
◆米子市役所・文化課 … 鳥取県米子市東町161-2 (市役所第2庁舎3階)

ご不明な点やお問い合わせなどは米子市役所・文化課(TEL:0859-23-5436)まで。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

たまたま米子市街地を散策していて偶然通りがかった加茂川周辺。途中でドラマのことを思い出して散策したのだけど、2〜3年前に見ただけだったので記憶がほとんどなく、他にもいろんなロケ地が近くにあったのに立ち寄らなかったのが無念でならない。

たとえばドラマ中の印象的な場面でロケ地として使われていた「笑い庵(鳥取県米子市西倉吉町57)」は「咲い地蔵」の地点から10メートルも離れていない場所なのだが、笑い庵のことを知らなかったので立ち寄れなかった。

帰省する前にもう1回ドラマを見ていけば良かったなあ。もったいなかった。次に帰省した時は地蔵巡りも寺巡りも合わせてもう1回散策してみようと思っている。

なおNHK鳥取放送局にも電話で確認したところ、「ちょっとは、ダラズに」のDVD発売は現在考えていないとのこと。

とても良いドラマだったから是非ともリリースして欲しいんだけどなあ。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :
TAG :