[Я]ウォーク門司港編:和布刈の反対側を初めて歩いた

スポンサーリンク

「市場めぐり」というテーマだったらしい

CIMG8535

↑門司港レトロ内の駐車場に車を停め、門司港駅へと移動する。土曜の朝9時。人が全然いない。

CIMG8536

↑JR門司港駅。あと何年こんな外観が続くんだろう。

CIMG8537

↑九州鉄道記念館。

CIMG8539

↑旧料亭「三宜楼(さんきろう)」。

昭和6年に開業し、門司の財界人や文化人が多く利用した料亭で、昭和55年頃に廃業。平成16年には住人が亡くなり空き家となって解体の話も出たけれど、門司出身のイラストレーター・わたせせいぞうさんらが署名や募金を集め存続。現在は市が管理し、今年中に補修工事を終え、観光名所として再生されるんだって。

CIMG8541

↑ハローデイの道を挟んで反対側にある「小原市場」。

CIMG8546

↑「中央市場」。細く長い商店街。

CIMG8549

↑老松公園。

CIMG8551

↑「プラザ祇園」。今回やたらと市場や商店街ばかり巡るなぁと思ったら、ウォーキングのコース設定テーマが「市場めぐり」だったらしい。帰宅してから知った。

初めて見た和布刈山の裏側

CIMG8553

↑九州道の門司港インターを通過し、住宅街に入る。

CIMG8554

↑関門海峡の反対側から和布刈(めかり)の山を眺めるのは初めて。

CIMG8562

↑トロッコ列車の駅。

CIMG8564

↑電車の車両が展示されている。

CIMG8566

↑「かんもん号」というらしい。

半月ぶりの関門海峡

CIMG8573

↑海の向こうは山口県。山頂に「火の山展望台」、ふもとには「みもすそ川公園」。

CIMG8570

↑見たことある場所だなぁと思ったら、和布刈展望台から地上に下りる道路の終点だった。昔は車でよく来てた。

CIMG8569

↑海沿いの遊歩道、風情があってイイ感じ。

CIMG8579

↑本州と九州を繋ぐ関門橋。下に広がるのは壇ノ浦。大学入学の年、九州に来て最初に訪れた思い出の地。

CIMG8578

↑関門人道トンネルの門司側入口。先月末のウォーク下関編で歩いた。

CIMG8580

↑下関のタワーを見てたら、また「たこそば」が食べたくなった。行って帰って、下関~門司港は徒歩で往復4時間。行きたかったけど今回は止めとこう。

選挙が近いから大変だよね

CIMG8583

↑ノーフォーク広場。

CIMG8584

↑和布刈神社のデカイ鳥居。

CIMG8585

↑今回は海沿いの遊歩道ではなく、交通量の多い県道を歩くコース設定。

CIMG8587

↑福岡市の市街地を歩く時は信号待ちが多過ぎてウンザリするが、今回も多過ぎ。しかも長い。とても歩きづらい。

CIMG8588

↑国民新党の元代表が演説しながら通り過ぎていった。

CIMG8594

↑栄町銀天街。

CIMG8598

↑旧門司三井倶楽部。

CIMG8596

↑門司港駅の正面ではなく、横側のロータリーから構内に入り、ウォーキング終了。

CIMG8601

↑ゴール後、駐車場まで徒歩移動。先月末の下関編は物凄い人混みだった門司港レトロ、今回は人がチラホラしかいなかった。あの時はお祭りか何かだったってことかな。

まとめ

IMG_1861

Walkmeter GPS ウォーキングストップウォッチ Walkmeter GPS ウォーキングストップウォッチ
価格: ¥450 (記事掲載時)
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る
Walkmeter GPS ウォーキングストップウォッチをダウンロード

歩行時間は1時間23分。歩行距離は7.87km。

前夜に確認した天気予報は雨マークだったけど、歩いてる最中は大半が快晴だった。

そうなるようになってるのだ。晴れ男だから。

IMG_1844

そら案内 そら案内
価格: 無料 (記事掲載時)
カテゴリ: 天気, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る
そら案内をダウンロード

今回のコースマップ

screenshot_201305_036

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします