[Я]今は亡きプロレスラー列伝#12:ランディ・サベージ

スポンサーリンク

天龍との試合は唸った!

今回紹介するのは、主にアメリカのWWF(=現在のWWE)で活躍し、ハルク・ホーガンとコンビを組んだり、時には敵対しながら同時代のプロレス界を大いに盛り上げた「マッチョマン」ランディ・サベージ。

彼がWWF世界チャンピオンになったのは雑誌(=週刊プロレス)で知りましたが、実際の試合映像はそれまで観たことがなかった。それまで日本に来て試合をしたこともなく、初めて試合をしたのは超大物になった後の1990年。

WWF&全日本&新日本の合同興行として今も語り継がれる「日米レスリングサミット」。ここでサベージの対戦相手が天龍源一郎と発表された時、私は「え!」と驚いちゃった。メディアやファンの間でも様々な論議を呼んだマッチメイクでした。

というのも、当時サベージはヒール(=悪役)で、ファイトスタイルや外見が「イロモノ」というか「キワモノ」というか、悪党マネージャーのシェリー・マーテルも加担させてのズル賢く憎たらしい闘い方をするタイプ。

一方の天龍は全日本の試合展開を覚醒させたほどの真剣勝負スタイル。武士道にも通じる、技と気迫を魂込めて相手にぶつけていく姿にファンは共鳴し感情移入する。

二人のキャラは正反対。試合として成立するの? 私だけでなくファンやメディアの大半は、それが不安だったはず。大丈夫なんだろうかと。

しかしフタを開けたら、素晴らしい名勝負。試合が成立どころか、私は「日米レスリングサミット」で天龍vsサベージ戦に勝る試合はないと断言してしまう。

ゲスト解説の徳光さんがマネージャーのシェリー・マーテルにキレて激昂する場面は笑えるのですが、これって当時の天龍ファン全員の想いでもあるんですよ。「天龍やったれ!」「あんなフザけた奴、叩きのめせ!」っていう。

だから、みんなが天龍に感情移入したし、それゆえにサベージやシェリーの憎たらしく卑怯な攻撃が許せない。怒る。そして天龍が反撃。でもサベージもなかなか倒せない。一進一退ですよ。

これ、リアルタイムで観た当時(=もう25年も前ですよw)は、上で書いたような「単純明快な感情移入」というベースで天龍を応援し、試合終了後にはスカーっと爽快な気分になったのです。

で、25年経って久々に天龍vsサベージ戦を観たのですが、今になって見るとまた印象が違いますね。

私自身がWWEを本格的にテレビ観戦するようになり、WWEの闘い方やスタイルを25年前よりも遙かに理解できたってのが一番大きいんだと思うのですが、少し勘違いしてたかもしれんな~と。

あくまでアメリカンスタイルを貫くサベージに対して、絶対に付き合わない、全日本のスタイルを崩さない天龍が、得体のしれない化学反応を起こして驚異的に面白い試合となった、みたいな風に考えてたのですが、それは違うな、と。

天龍は、あくまで全日本のスタイルを崩さず、でもそれでいてWWFのスタイルにキッチリ合わせてるんですよ。

付き合ってるとまでは言わないけれど、本当に「WWFフザけんな、サベージなめんな」と天龍が拒否反応的に思ってたのなら、もっと攻撃一辺倒だったろうし、もっとエゲつない技もやったはず。

サベージが劣ってたとか、天龍が手加減してたって意味では全然ないですよ。天龍がサベージの魅力を見事に引き出してたし、サベージも日本のファンの気質を理解した上で天龍を攻めてる。

そうでなければ、シェリーがエプロンに立ってレフェリーや天龍の注意を引いて、そのスキをついてサベージが天龍の背後から攻撃、なんて展開には絶対にならんでしょ。シェリーにあれだけ殴られ蹴られてそのまま倒れたりしないでしょ。

そういうのを最も嫌うのが天龍だ、みたいな神話があったんだし。シェリーに背中を蹴られても微動だにせず睨んで「なんやワレ」ってやるでしょ。

スイングしないどころか、おもいっきりスイングしてるんです。両者が互いに寄ってあげて、互いの良さを引き出す。でも互いのスタイルは崩さない。

もし天龍が完全にWWFのスタイルに寄ったのであれば、試合終了後にシェリーに対して何かしらやるんでしょうけど、シェリーに対して指を立てるだけで、あとはブスッといつもの機嫌悪い表情になって普通に歩いてリングを去る。

かたやリング上ではダウンしたサベージに寄り添って、顔をクシャクシャにして泣きわめくシェリー。

もう完璧ですよ。こんだけ見事な「日本風にアレンジしたWWFワールド」もない。25年前には気付きもしなかった。

印象的なムーブ・ベスト3

★第1位:ダイビング・エルボードロップ

サベージといったらコレですね。彼のフィニッシュムーブ(=必殺技。WWEではフィニッシュムーブが出るとほぼ勝負が決まるという位置づけ)。

滞空時間の長さやフォームが素晴らしい。後にショーン・マイケルズが彼のフォームを真似たし、最近ではWWE世界王者のCMパンクがサベージと全く同じポーズからのフォームでエルボードロップをするのが定番で、両者ともサベージへの敬意がファンにも分かりました。

★第2位:オーイエー

サベージの決めゼリフ。インタビューになると早口でまくしたて、必ずオーイエー言ってました。

★第3位:入場シーン

サベージといえばテーマ曲が「威風堂々」。同時代でリック・フレアーという派手派手なスターがこれまた入場シーンのカッコ良さで有名でしたが、サベージの入場コスチュームも派手さが売りで、その入場シーンに「威風堂々」がホントに合ってた。

カッコ良かったなぁ~。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :