車を降りたあとに静電気バチッ!の心配を解決する超簡単な方法(道具不要)

スポンサーリンク

めちゃくちゃ静電気が溜まるんです

Electric light
Electric light / Alan Cleaver

皆さん、放電してますか?

乾燥する季節になると、静電気でバチッ!となる痛みや恐怖に怯えてしまう方々、けっこういらっしゃるのではないかと想像します。

そんな私もめちゃくちゃ静電気が身体に溜まるタイプ。特に車から降りたあと、店舗のドアを掴んだ際などにバチッ!と静電気で手先に痛みが走ります。

カー用品店などで「静電気を放電してくれる」という放電グッズが販売されてますが、今回紹介する方法を使えば道具など不要。超簡単ながら静電気の痛みや恐怖に怯えることもなくなります。

車から降りる時、静電気を放電する簡単な方法

私は車の運転手という立場で今回写真を撮ってますが、この方法は同乗者も有効です。

IMG 2983

▲ 車のエンジンを止め、ドアを開けます。

IMG 2984

▲ ドアが開きました。次が最も肝心な部分です。

IMG 2985

▲ 車の外に出るよりも前に、手でドアの金属部分を握ります。軽く触れるだけでもいいのかもしれませんが、中途半端なせいでバチッ!となりたくないので私はいつもキッチリ握るようにしています。

ドアじゃなく車のボディーの金属部分でもいいのかもしれませんが、私はいつもドアの端にある金属部分を握ります。

この時に静電気バチッ!となるんじゃない? と最初は思いますが大丈夫です。この段階でバチッとはなりません。

IMG 2986

▲ そして次に大切なこと。ドアを握ったまま外に出て、ドアを握ったまま足を地面につけます。足が地面についたら手をドアから離してOK。

これだけです。

この方法を友人から教えてもらって以降、1回も静電気バチッ!になったことがありません。成功率100パーセント。パーフェクトに放電してくれてます。

完全文系な人間ですので、科学的なことは一切分かりません。理系な人なら原理も分かって「こういう理由だからなんだよ」と解説できるのでしょうけど、私が何かの資料を読んで解説したところで薄っぺらいので、

「これで静電気の恐怖とはオサラバだ!」

ってことだけお伝えします。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

今回紹介したのは「車から降りる時」の解決法なので、車に乗る時にバチッとなる場合は防げませんが、ただ私の体験上、車から降りる際に放電してしまっているので、再び車に乗り込む際に静電気でバチッ!となったことも最近は全くありません。

ドアの金属部分を握ったまま外に出て地面を踏む、ってとこがミソですので、そこさえ守れば静電気の恐怖から解放されると思います。困ってらっしゃる方はお試しあれ。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :