開通した砂津長浜トンネルの周辺散策、富野エリアを9年ぶりに歩く

小倉城口とは別世界の新幹線口

JR小倉駅・新幹線口(北口)
JR小倉駅・新幹線口(北口)

今回のスタート地点は、JR小倉駅の新幹線口(北口)。

最近いつ来てもメーテル&鉄郎のブロンズ像があるベンチには常に誰かが座っていたのだが、この日ベンチには誰もいなかった。珍しいので写真撮った。

ファミリーマート小倉駅新幹線口店付近
ファミリーマート小倉駅新幹線口店付近

JR小倉駅といえば、このブログに登場する回数が多いのは小倉城口(南口)のほう。新幹線口(北口)にはあまり来ない。

特に新幹線口の西側エリアは全然歩いたことがないので、今回歩いてみることにした。

JR九州ホテル小倉付近
JR九州ホテル小倉付近

小倉城口(南口)は飲食店や商業施設、そして商店街など「商業エリア」というイメージが強い。

対して新幹線口(北口)はホテルが実に多い。

浅野三丁目交差点付近
「浅野三丁目」交差点付近

「浅野三丁目」交差点を右折し、国道199号線に沿ってしばらく東へ進む。

この写真の中で30年前から存在する建物といえば、カラオケパティオとKMMビルくらいだろうか。新幹線口は大きく発展した。

小倉記念病院
小倉記念病院(北九州市小倉北区浅野3丁目)

2010年12月に移転してきた「小倉記念病院」。移転前は小倉北区貴船町の、TOTO本社と国道3号線を挟んで反対側のところ(=「貴船橋東」交差点の前)に建っていた。

旧病院の跡地には現在、「サンリブきふね」「資さん貴船店」「ガスト小倉貴船店」などが建っている。

リーガロイヤルホテル小倉
リーガロイヤルホテル小倉(北九州市小倉北区浅野2丁目)

小倉駅周辺でも一際目立つ超高層ホテル「リーガロイヤルホテル小倉」。1993年に開業し、このホテルのオープンが以降の新幹線口の発展に繋がっている。

ホテルの開業直後、後に義父となる交際中の恋人の父親に呼び出され、28階のレストランで初めて対面した。このホテルの前を歩く度にその時のことを思い出す。


10年前のブログで、義父についての話を綴っている。その中で「義父が亡くなった時に6歳だった長男も今では中学2年生」と書いたが、その長男は大学を卒業して就職し、社会人になった。時間とは流れていくものなのだ。

あさの汐風公園
あさの汐風公園(北九州市小倉北区浅野3丁目)

西日本総合展示場の西側にある「あさの汐風公園」。8時30分から22時00分までの時間、30分置きに音楽が流れ、噴水ショーが始まる。

ミクニワールドスタジアム北九州を1周、のはずが…

ミクニワールドスタジアム北九州
ミクニワールドスタジアム北九州(北九州市小倉北区浅野3丁目)

サッカーJリーグ・ギラヴァンツ北九州のホームスタジアム、「ミクニワールドスタジアム北九州(ミクスタ)」。2017年2月に完成・オープンしている。

久しぶりに来た。ふと気付いたが、おそらくスタジアムが完成してからよりも、完成する前、建設期間のほうがたくさんここに来ている


ミクスタをホームスタジアムとしたことで「J1昇格」の基準を満たしたはずのギラヴァンツは、新スタジアム完成の前年にJ2最下位でJ3に降格。

2018年もJ3で最下位だったが、2019年にはJ3優勝。前年最下位のチームが翌年に優勝したのはJリーグ初の快挙だったらしい。

2020年にはミクスタ移転後ようやくJ2に昇格。しかし主力選手をどんどん引き抜かれる「草刈場」と化したことも響いて、2021年には再びJ3に降格してしまった。J3優勝経験のあるチームが再びJ3に落ちたのも史上初だったらしい。

ミクニワールドスタジアム北九州のピッチ
スタジアム北側通路からはピッチなど中が見える

ミクスタはラグビーの試合会場としてもよく利用されている。スタジアム完成後の「こけら落としイベント」もラグビーの試合だった。


2019年にラグビーのワールドカップが日本で開催された際、事前キャンプ地としてウェールズが北九州市を選択してくれた

大会準備で忙しいはずなのに、ウェールズの選手やスタッフの皆さんは北九州市の各地に赴き、観光促進の手助けをしてくれたり、学校などを訪問して多くの子供たちと触れ合うなど、温かい交流の様子が何度もニュースで流され、その度に感激した。ウェールズのチームには感謝の気持ちしかない。

ワールドカップで日本と共にウェールズを応援した北九州のラグビーファンは多いことだろう。ウェールズはベスト4に進出した

スタジアム東側の海

スタジアム東側の海
スタジアム東側に広がる海

久しぶりにスタジアムの外周を散策してみることにした。海からの潮風が実に気持ち良い。

スタジアム東側の通路は施錠されていた
スタジアム東側通路は施錠され通行禁止

潮風が気持ち良いなどと考えていたら、スタジアム東側の海に面した通路は施錠され、通行禁止になっていた。以前はここも歩けていたはずなのだが。

仕方ないのでUターン。どうせなら最後まで歩いて1周したかった。あとちょっとだったのに。

砂津長浜トンネル、北側(国道199号線側)入口

小倉北区末広1丁目付近
分譲マンションの建築ラッシュ

スタジアムから離れ、国道199号線を東へ進む。

小倉駅近辺、特に北口から門司方面に進んだ辺りは分譲マンションが次々と建築されている。これだけマンションが増えていて、「子育てしやすい環境ランキング」では政令指定都市で11年連続1位を獲得しているのに、なぜ北九州市は人口が減り続けているのだろう。

砂津長浜トンネル付近
砂津長浜トンネルが近付いてきた

今回、小倉北区の富野エリアを歩こうと思った大きな理由は2つあって、そのうちの1つ、砂津長浜トンネルの国道199号線側入口が近付いてきた。

リーガロイヤルホテル小倉などがある浅野エリアを東側(=門司方面)に進み、最初のカーブを通過してすぐの辺りにある。

砂津長浜トンネル・国道199号線側入口
砂津長浜トンネル・国道199号線側入口

2022年5月17日に開通したばかり、出来たてホヤホヤの砂津長浜トンネル。開通当日にテレビニュースでそのことを知っても「え? どこ?」という感じでピンと来なかったし、どんなメリットがあるのかもあんまり分かっていなかった。

今はメリットが分かる。これまで「踏切を渡る」か「遠くまで迂回する」しか選択肢がなかった国道3号線と国道199号線との往来が大変快適になったのだ

砂津長浜トンネル入口
トンネル入口を坂の上から撮影

小倉北区と門司区を往来する場合、メインとなる道路は国道3号線か国道199号線になる。

昔からある国道3号線は道幅が狭く、上り下りの坂も多く、バスも多く走るため渋滞したりもする。

一方、国道199号線の小倉北〜門司区間は比較的最近になって整備され、道幅は広く、信号も少なく、上り下りが全然なく、すぐ横には海が広がる湾岸道路で景色が良い。

国道3号線と国道199号線の間にはJR鹿児島本線の線路があるため、特に福岡方面から国道3号線を走って門司方面に行く場合は、前述のとおり踏切を渡るか迂回するしか国道199号線に行く方法がなかったため、結果的に引き続き国道3号線を走るしかなかった。

それが今回、砂津長浜トンネルが開通したことにより、JR鹿児島本線の下をトンネルでくぐるため踏切で待つ必要がなくなり、福岡方面から来た場合でもすぐ国道199号線に行くことが出来るようになった。

今回、このトンネルを実際に車で走行してみた。海側の入口(=上の写真)からトンネルを抜けて富野側の出口に出るまで、所要時間は1分未満。めちゃくちゃ早くなった。

今までなら、踏切待ちが発生しなくて運が良い場合でも3分以上、運が悪ければ10分近くかかったかもしれない。これは便利だ。

高浜跨線橋
高浜跨線橋(北九州市小倉北区高浜1丁目)

ちなみに砂津長浜トンネルは2022年6月現在、歩行者と自転車は通行できない。(将来的に歩行者と自転車も通れるようにする構想はあるらしい)

つまり車以外は今まで通り、どこかの踏切まで迂回するしかない。せっかくのウォーキングなので「じゃあどこまで迂回するのか」を実際に歩いてみた。

長浜町の住宅街を東に進んでいくと踏切を発見。遮断機が下りた直後だったのでスマホのストップウォッチを起動し、踏切待ちが何分かかるかを計測開始。自分は歩行者なので橋を渡ることにした。

高浜跨線橋
長い貨物列車が門司方面に走る

まずは長い貨物列車がゆっくりとしたスピードで門司方面へとカタコト走り去っていく。

高浜跨線橋
下り普通列車が小倉駅へと向かう

続いて下り方面の普通列車が小倉駅へ減速しながら走り去っていく。

この橋の上、景色がとても良かったので少し休憩。その間に踏切の遮断機は一度上がったのだが、30秒もしないうちに今度は上り方面の列車が通過するためか、すぐ遮断機が下りた。

ストップウォッチでの計測結果は11分。こんなにも長いこと踏切で待たないといけないなんて地獄だ。それだけでも砂津長浜トンネルのメリットが分かるというものである。

偶然見つけた「九州の玄関口」

小倉北区下富野2丁目付近
小倉北区下富野2丁目付近

高浜の踏切を抜け、国道3号線を横断。新幹線の高架下を東へ進む。

視界より低いところを新幹線が通過
視界より低いところを新幹線が通過していく

上り坂を進んでいくと、新幹線の線路が視界より低い位置にあることが分かった。しばらく待っていると下りの新幹線が通過。減速しながら小倉駅へと向かっていく。

写真を撮る際、新幹線が接近してくる気配を感じたので音を聞いていたら、どうやらすぐ近くにトンネルの出口があるようだった。こもった音が開放されて大きくなるような感じ。

徳蓮寺付近
新関門トンネルの福岡側出口(徳蓮寺付近)

本州と九州を繋ぎ、関門海峡の底に建設された海底トンネル「新関門トンネル」。その福岡側の出口はどの辺りにあるのだろう、というのがすごく興味あり、いつか調べてみたいと思っていた。そしてすっかり忘れていた。

新幹線で本州と九州を往来した人であればご存知だと思うが、本州側で新下関駅を通過した後、新幹線はすぐトンネルに入ってしまう。

そのままかなり長い時間トンネルの中を走った後、次第に減速を始め、ようやくトンネルを出たと思ったら車内で小倉駅到着のアナウンスが流れる。

確かに新幹線の窓から外を眺めると、門司区の景色ではなく、小倉北区の景色になっている。トンネルを出た直後の場所はどこになるのだろう。それを知りたいと昔から思っていた。

今回のウォーキングで偶然、その「福岡側出口」を知ることができた。上の写真、左側にトンネル出口がある。次に通過した新幹線の音で確認したから間違いない。

本州側から新幹線で九州に来る人々にとって、この写真の場所が文字通り「九州の玄関口」である。

小倉北区上富野2丁目付近
小倉北区上富野2丁目付近

偶然通りがかった「九州の玄関口」を通過して右折。さて、次の目的地まではどう進めば良いかな、と思いながら進路を南に変えたら、次の目的地「更新うどん」の看板が前方遠くに見えていた。

更新うどん駐車場
更新うどん駐車場

初めて歩く道なのに、こんな偶然もあるんだなあと驚いた。富野をウォーキングしようと思った大きな理由のもう1つの場所に、地図を見ることなく到着した。

※更新うどん訪問時、大将の親族の女性と少しお話しをすることができました。別記事にて紹介しています。

更新うどん

砂津長浜トンネル、南側(国道3号線側)入口

下富野バス停付近
「下富野バス停」付近

更新うどんを離れ、進路を西へ。左手にメディアドームが見えた。

富野口交差点
「富野口」交差点

「富野口」交差点を右折し、国道3号線を北上。

砂津長浜トンネル入口
砂津長浜トンネル(富野側)が見えてきた

「富野口」交差点を曲がってすぐ、さっきとは反対側の砂津長浜トンネルが前方に見えてきた。

砂津長浜トンネル入口
直進(赤)がトンネル、左の脇道(青)が国道3号線

そういえば、もう20年以上前からこの辺りはずっと工事中だったことを思い出した。延々と工事をしているが何をやってるんだろう、と不思議で仕方なかった。トンネルだったとは。

直進すると砂津長浜トンネルに入り、この記事前半で紹介した「国道199号線側の出口」に出る。今まで通りの国道3号線は、トンネルへと向かう直進道路の左側に脇道の形で残っている。

チャチャタウン小倉の観覧車
チャチャタウン小倉の観覧車

トンネルに歩行者は侵入できないので、脇道の国道3号線を進む。左手には「チャチャタウン小倉」の観覧車が見える。

砂津交差点
「砂津」交差点

この辺りの昔を知ってる方ならお馴染み、「砂津」交差点もまだ残っている。左折すればチャチャタウン小倉や平和通り、JR小倉駅の小倉城口(南口)に行けるし、右折すれば国道3号線で門司方面に行ける。

直進方向にも道はあるが、交差点を抜けてすぐ左側に曲がっていくので小倉駅の北口方面と直接繋がってはおらず、むしろ南口に行ってしまう。これは30年以上前から変わっていない。

砂津長浜トンネルは、この辺りでは既に地下を通っているので見えない。

チャチャタウン小倉
チャチャタウン小倉(北九州市小倉北区砂津3丁目)

「砂津」交差点を直進方向に進むと、チャチャタウン小倉の裏手に出る。これも昔のまんま。

新砂津橋交差点
「新砂津橋」交差点近くの踏切(有名な抜け道)

「新砂津橋」交差点で右折し、JRの踏切を2つ通過して小倉駅の北口方面に出るというのが昔の定番だった。タクシーもトラックも一般車両もみんなここを抜け道として利用していた。

JR鹿児島本線の踏切
2つ連続しているJR鹿児島本線の踏切

遮断機が下りていない時は抜け道として優秀なのだが、踏切が2つ続いているので、1つでも遮断機が下りていたら時間を相当にロスする。2つとも遮断機が下りていた時は最悪で、踏切の間の狭い区間は車を停車できるスペースが大変狭いため、無茶して突っ込むと大事故になってしまう。

そんな危険地帯も、砂津長浜トンネルが開通したことで通行する車両は激減するのではないだろうか。

京町四丁目交差点
「京町四丁目」交差点

「京町四丁目」交差点に到着。ここを直進すれば徒歩数分でJR小倉駅の小倉城口(南口)に着く。

京町アンダーパス
京町アンダーパス

しかし直進はせず、右折。京町アンダーパスの歩行者トンネルをくぐり、小倉駅北口へ。

浅野一丁目交差点
「浅野一丁目」交差点

「浅野一丁目」交差点を左折。小倉駅はもうすぐそこだ。

小倉駅新幹線口のロータリー
JR小倉駅・新幹線口のロータリー
JR小倉駅のペデストリアンデッキ
JR小倉駅のペデストリアンデッキ

JR小倉駅の新幹線口は大半がペデストリアンデッキに対応しているため、リーガロイヤルホテル小倉、小倉記念病院、西日本総合展示場、あるあるCityなどの各施設と小倉駅が直接繋がっている。地上に下りる必要はない。

JR小倉駅とキャプテンハーロック像
JR小倉駅とキャプテンハーロック像

キャプテンハーロック像を背後から撮影して、今回のウォーキングは終了。全長7.4kmの行程だったが、実に中身の濃い散策だった。

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします