生まれ変わっていた東郷駅、日の里エリアや光岡八幡宮を巡る

知らぬ間に新しくなっていたJR東郷駅

JR東郷駅
JR東郷駅・宗像大社口(旧北口)

JR東郷駅。ここは自分が初めて長距離ウォーキングに挑戦した時にもスタート&ゴール地点だった、思い出深い駅。

以前は開催されると必ず参加していた東郷ウォークも、ずいぶん長い間サボってしまった。気が付くと前回から8年経っていた。そんなにもサボっていたことにビックリした。

久しぶりに訪れた東郷駅。来てみて更にビックリ。東郷駅の北口が以前と全然違う

JR東郷駅・宗像大社口(旧北口)
2017年にリニューアルされた東郷駅

調べてみると、2017年に東郷駅の駅舎が改装され、以前は「北口」という呼称がリニューアルを機に「宗像大社口」へと変わったらしい。

2017年といえば、宗像大社が世界遺産に登録された年。あの時は宗像大社などを取材で巡ったが、東郷駅には足を運ばなかったので、駅のリニューアルに気付かなかった。

東郷駅・日の里口
「宗像大社口」と反対側の「日の里口」

一方、北側の「宗像大社口」とは逆の南側「日の里口」も久々に来たが、こちらは以前とほとんど変わっていないような気がする。

リニューアルしたのは北側がメインだったということかな。

日の里団地を抜けて国道3号線へ

日の里1丁目団地
日の里1丁目団地

東郷駅・日の里口を出発。駅前ロータリーを抜けると、すぐ目の前から背の高い団地棟が次々と視界に入ってくる。

道沿いに延々と連なっている団地群
道沿いに延々と連なっている団地群

日の里エリアは団地がとても多い。道に沿って延々と団地が続いている。

ローソン 宗像日の里五丁目店付近
ローソン 宗像日の里五丁目店付近

ようやく団地群を抜け、道路の両脇が森林のような風景に変わっていく。

王丸交差点
「王丸」交差点

人通りの少ない森を抜け、車の多い国道3号線に出る。ここから「光岡」交差点まで国道をひたすら東に歩く。

今回も光岡八幡宮の大楠にパワーをいただく

浄土真宗本願寺派 峯光山 浄徳寺
浄土真宗本願寺派 峯光山 浄徳寺

浄徳寺」を通過。このあたりで「この一帯、前にも歩いたことあるな」と記憶が蘇り始める。

光岡八幡宮
「光岡八幡宮」の鳥居

光岡八幡宮」に到着。前からこのあたりの「光岡」という地名は「ひかりおか」なのかと思っていたが、実は「みつおか」だと今回知った。

光岡八幡宮の本殿
光岡八幡宮の本殿

ここには9年前(2013年9月)にもウォーキング大会の途中で訪れていたのだが、本殿で参拝した時点では忘れていた。

光岡八幡宮の大楠
県天然記念物「光岡八幡宮の大楠」

本殿の横にそびえ立つ「光岡八幡宮の大楠」を眺めて、以前に来たことをようやく思い出す。

光岡八幡宮の大楠
大楠の巨大な根

巨大な根。現在は大楠を保護するため、周囲にロープが張られ、接近することができないようになっている。

光岡八幡宮の大楠の解説
大楠の解説

大楠の横には、解説が書かれた案内板もある。

宗像ユリックスはプリンセス駅伝のスタート・ゴール地点

宗像ユリックス
正面に宗像ユリックスが見え始める

光岡八幡宮をあとにして、県道92号線(宗像篠栗線」に出る。歩道の正面に宗像ユリックスが見えてきた。

宗像ユリックス周辺
周囲は田園風景

道路の両脇には田園風景が広がる。向こうに見える山は何だろう。

宗像ユリックス周辺
落ち葉で埋まった宗像ユリックス前の歩道

紅葉の始まりが遅かった福岡地方も、秋が終わりを告げようとしているのか、道路は落ち葉で埋まっていた。1〜2週間前ならここもキレイだったのだろう。

宗像ユリックス
宗像ユリックス

宗像ユリックスの前を通過。正面の建物内にはイベントホールやプラネタリウムがある。

プリンセス駅伝のスタート・ゴール地点
「プリンセス駅伝」のスタート・ゴール地点

宗像ユリックス前の道路は、毎年10月に福岡県の宗像市と福津市で開催される「全日本実業団女子駅伝予選会」、通称「プリンセス駅伝」のスタート・ゴール地点となっている。2022年は10月23日に開催された。

プリンセス駅伝の上位16チームは、毎年11月に宮城県で開催される「全日本実業団対抗女子駅伝」、通称「クイーンズ駅伝」への出場権が与えられる。

再び「日の里団地」へ

宗像ユリックス周辺
宗像ユリックス周辺

宗像ユリックスの広い敷地に挟まれた道路を歩く。このまま直進すると「日の里」そしてゴールの東郷駅に繋がっていることが道路標識から分かる。

ユリックス西交差点
「ユリックス西」交差点

ようやく宗像ユリックスのエリアから抜ける。

日の里団地
遠くに日の里団地群が再び見え始める

下り坂を進む。進行方向には日の里団地の棟が横一杯に広がっている。

長浦池東交差点
「長浦池東」交差点

日の里団地のエリアに再び入った。「長浦池東」という交差点名だが、この交差点は実際の長浦池から見て南側に位置している。

ひのさと48
団地群の一角に少し異質な団地棟を発見

「長浦池東」交差点を通過すると、道路の北側には公園、そして「日の里東小学校」がある。

その正面、道路を挟んで反対側に1棟だけ、他の団地棟とは何かが違う建物がある。

ひのさと48
カラフルな窓が幾つか見える

団地棟の道路に面する側。幾つかの窓や階段の踊り場はカラフルな色で染まっており、普通の団地ではない雰囲気が漂っている。

ひのさと48
日の里再生プロジェクト「ひのさと48」

団地棟の裏側、ベランダはもっとカラフル。これ、布団を干しているわけではなく、プロのデザイナーさんが考案した色の配列でベランダの柵にボードが取り付けられ、それぞれの色は宗像市の子供たちが塗ったのだという。

こちらの建物、元々は団地だったものを買い取ってリノベーションされ、「日の里団地再生プロジェクト」という地域活動のシンボル的存在として生まれ変わった「ひのさと48」という生活利便施設。

プロジェクトに参画されている方に現地で興味深い話をたくさん聞かせていただいた。ここで紹介すると長くなるので、「ひのさと48」の魅力は別記事にて後日紹介する。

JR東郷駅日の里口
JR東郷駅・日の里口

日の里団地を抜け、JR東郷駅に戻ってきた。やっぱりこちらの風景は以前とあんまり変わってない気がする。

-ウォーキング
-