[Я]金沢濃厚中華そば神仙:これは確かに濃い豚骨醤油だ@ラースタ

スポンサーリンク

とてもニコやかな店員さんに誘われて

久々に訪ずれたラーメンスタジアム、通称ラースタ。まだ食べたことのない店舗のメニューを見ながら、どこにしようかと思案していた時に声をかけてきた男性。

今回紹介する「金沢濃厚中華そば神仙」の店員さんでした。

IMG_0933

いつからラースタで営業開始したのかを訊くと「昨年の9月からです」とのこと。私が昨年6月以来のご無沙汰だったので、その間にオープンしたということになります。

「でも今月いっぱいで卒業なんですよ」と続ける店員さん。え、そうなんですか?

「正確には3月初旬までなのですが、今月いっぱいという風にお客様には説明してます」とのこと。ラースタの公式Twitterで発表されてないみたいだけど、それ公表していいんですか?と確認すると「はい、ぜひ公表しちゃってください」とのことなので今回ここで書いてます。

次に福岡を訪問するのは3月中旬くらいになりそうなので、じゃあ今日のうちに食べとかなイカン!ということで決定。

IMG_0924

「超濃厚豚骨醤油」というのがどんな味なのか期待に胸を膨らませながら店内へ。

IMG_0925

「神仙」が入店する前の別店舗には来たことがありますが、座席の配置などは変わってません。

IMG_0926

カウンター席も昔のまま。

IMG_0928

店内にあるメニュー表。

IMG_0929

店舗の名刺を頂きました。裏には本店がある石川県金沢市の各店舗地図も載ってます。金沢は11年前に出張で行きました。また行ってみたいなぁ。

IMG_0927

店内の写真を撮影する時は事前に「撮ってもいいですか?」と店員さんに確認するようにしてます。今回は前述したニコやかな男性店員さんに確認したところ、OKをもらうどころか「こちらも写真に撮ってください!」と逆リクエストされちゃった(笑)

元気も良く愛想もいい店員さんって大切だと思うんですよ。あんまり度が過ぎると逆に引きますが、今回の店員さんはとても好印象だったし、彼のおかげで美味しいラーメンを頂くことが出来たので感謝。

IMG_0930

今回注文したのは「濃厚醤油豚骨中華そば」。650円。

IMG_0932

麺の太さは普通。茹で方を訊かれたので、硬めでお願いしました。

IMG_0931

具材はオーソドックスにチャーシュー2枚と白ネギ、シナチク、そして海苔が1枚乗ってました。

注目していたスープですが、茶色く濁ったスープを見ただけで「おお、濃いな」と想像できます。飲んでみると、トロットロ。まるで片栗粉でも入れたかのような独特のとろみで、かなりの時間スープを煮込んでるんだなーと判ります。

醤油豚骨ラーメンは、「豚骨」と「醤油」のどちらに比重を置いてるかがいつも気になるところですが、神仙さんのは「醤油っぽい豚骨」と感じました。普通のとんこつラーメンと説明されても違和感ないほどベースは完全に豚骨味ですが、微かに醤油っぽい味も混じってるような味覚。

スープを飲み干すと、ほんの少しですがザラザラした豚骨の骨髄を舌に感じます。久留米ラーメンに似た食感と濃さですが、久留米系ほど豚骨臭さはありません。

濃い味がお好きな方は一度食べてみて頂きたいです。前述しましたが営業は今月いっぱいまで。今のうちですよ。

関連ランキング:ラーメン | 祇園駅中洲川端駅渡辺通駅

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします