広島市と米子市を直結する高速バス・メリーバード号は安くて快適!

米子市と広島市を直結する高速バス

鳥取県米子市に帰省し、北九州市へと戻る途中で広島市に寄りたい用事がありました。

米子から岡山まで特急、岡山から新幹線に乗り換えて広島まで、という(行きと同じルートでの)帰りを想定していたのですが、

「広島まで行くなら直行の高速バスがあるよ」

と弟に教えてもらいました。そんなバスがあるなんて全然知らなかった。

弟から話を聞いてすぐネットで情報収集し、速攻で高速バスの予約を完了。実際に乗ってきましたが、乗車時間も新幹線&特急と大きく変わるわけでもなく、運賃は半額以下という安さ。

なかなか快適なバス旅だったのでエントリーにまとめてみます。

3社が運行しているメリーバード号

鳥取県米子市と広島県広島市を直結する高速バス「メリーバード号」は、

◆日本交通
◆日ノ丸自動車
◆広島電鉄

の3社が運行している高速バス路線。日本交通(日交バス)と日ノ丸自動車(日ノ丸バス)はそれぞれ米子市内の路線バスを運行している会社です。

2018年2月時点で1日に往復7便が運行されており、内訳は広島電鉄が3往復、日交と日ノ丸が各2往復ずつとなっています。

1989年9月から米子〜広島の高速バスが運行開始されたのですが、当初は山陽方面と米子市を結ぶ高速道路といえば「米子自動車道」の1つのみでした。

したがってメリーバード号は岡山県の落合ジャンクションを経由して米子市や広島市へと向かう経路となっており、とても遠回りなので時間も結構かかっていたそうです(それでも一般道よりは速いんですけどね)。

ところが新たに「松江自動車道」が全線開通したことにより、2013年7月からメリーバード号も米子自動車道ではなく松江自動車道を通るルートに変更。これにより所要時間が大幅に短縮されたそうです。私も車で両方のルートを走ったことがあるけど、1時間以上は違うんじゃないですかね。

なお、メリーバード号には(今回紹介する)米子〜広島の路線とは別に、鳥取市&倉吉市と広島市を直結する同じ名前の「メリーバード号」も運行されています。

鳥取&倉吉〜広島のメリーバード号は、米子〜広島のメリーバード号との違いとして

◆日ノ丸自動車の1社で運行(※1)
◆米子市には停まらない
◆松江自動車道は通らず、米子自動車道を通る

(※1)開始当初は日本交通と広島電鉄も運行していたが、現在は撤退。ただし予約・発券業務は現在も継続している。

上記のような点があります。

今回は「松江自動車道を通る米子〜広島のメリーバード号」に関するエントリーなので、鳥取&倉吉〜広島を結ぶメリーバード号に関する詳細は割愛します。詳細は日ノ丸自動車のメリーバード号公式サイトにてご確認ください。

運賃は新幹線&特急の半額以下、Web割引もある

メリーバード号の運賃はとにかく安い。新幹線&特急を利用した場合と比較してみます。

米子から広島までのJR運賃

▲ 米子から広島まで最速の交通手段は、まず米子から岡山までJR伯備線の特急「やくも」に乗り、岡山から新幹線に乗り換えて広島まで、というルート。

新幹線と特急を利用した場合のJR運賃は上の画像のとおり。指定席利用だと9,090円、自由席利用だと8,640円。(早割を利用するともう少し安くなります)

一方、高速バス・メリーバード号で米子から広島まで乗車した場合、運賃は3,900円。新幹線&特急の自由席料金(8,640円)と比較しても半額以下の値段です。

また一部の便はWeb予約で片道2,500円になる場合もあります。早朝便と最終便に限定されるようですが、超格安料金ですよね。

所要時間ですが、新幹線&特急を利用した場合の米子〜広島間は約3時間。一方の高速バス・メリーバード号は米子〜広島間が約3時間30分です。今回実際に乗ってみたら予定より早く、実質3時間20分で到着しました。

高速バスはJRよりも格安だけど、乗ってる時間が長すぎるのがネック、と考えて敬遠する方は多いと思います(私自身がそうです)。しかし米子〜広島間は運賃が半額以下で、しかも乗ってる時間は20分〜30分の違いしかありません。

その20分をお金で買うか(つまり新幹線&特急を利用するか)、20分の違いで済むなら安い料金を選択するか(つまりメリーバード号を利用するか)は利用者の旅費と時間に対する考え方によって変わります。一概にどちらが良いとは言えませんが、この区間を旅行する場合は参考にしてください。

メリーバード号の予約方法について

メリーバード号の予約方法は幾つかあります。どの予約方法でも往復券を購入すれば「往復割引」が適用されます。他にネット予約限定の「Web割引」もあります。

1. 電話での予約

メリーバード号は電話での予約が可能です。私も今回は電話で予約しました。座席に余裕があれば「窓際がいい」「なるべく後方」といったリクエストを伝えて空いている座席の指定をすることも可能。

◆バステレホンセンター(高速バス予約専用)
082-207-1073 (受付時間:9:00〜17:45)

◆日本交通米子予約センター
0859-35-0022 (受付時間:8:30〜18:00)

上記2つのどちらでも予約可能です。

電話での予約が完了すると「予約番号」を教えてもらえます。予約番号は窓口で運賃を支払ってチケットを購入する際に必要となりますので、忘れないようメモしておきましょう。

2. インターネットでの予約

高速バス予約サイト「発車オ〜ライネット」でネット予約することができます。座席指定も可能。

一部の便はネット予約で片道2,500円という破格値。ただし座席数が限定されてますので、安い席を狙ってる場合はお早めに。

メリーバード号ネット予約

▲ 「発車オ〜ライネット」のトップページ(スクショ、左画面)で出発地、到着地の都道府県名(上の例だと「鳥取県」「広島県」)、出発日時を入力してから「検索する」ボタンを押すと、該当する便の料金や残席数が表示されます(スクショ、右画面)。

上のスクショには写っていませんが、各停留所への予定到着時間も表示されます。Web割引の残席数も表示されるので便利。

3. 現地窓口での予約

広島市や米子市の現地窓口で直接きっぷを購入することもできます。また電話予約・ネット予約の場合も最終的には現地窓口で料金を支払い、チケットを受け取る必要があります。

売り場は各運行会社によっていろいろあります。

◆広島電鉄 … 窓口での乗車券の取り扱い一覧を参照ください
◆日本交通 … 米子駅前バスターミナル
◆日ノ丸自動車 … 米子駅前バスターミナル

※「米子駅前バスターミナル」は後ほど写真付きで紹介します

「広島バスセンター(広島そごう3階)」ではクレジットカードによる購入も可能とのことです(Visa、MasterCard、JCB、AmericanExpress、DinersClub対応)。

また2018年3月31日(土)までの期間限定で「外国人観光客割引キャンペーン」が開催されており、該当する窓口で外国人籍を証明できるパスポートを提示すれば米子〜広島間の片道乗車券が半額の1,950円に割引されます

※該当窓口は「広島バスセンター(広島そごう3階)」「広島駅新幹線口交通案内所・バスきっぷうりば」「米子駅前バスターミナル」の3箇所。

「広島駅新幹線口交通案内所・バスきっぷうりば」は文字通り広島駅の新幹線口にあります。すぐ目の前が米子行き高速バスの乗り場になってますので、こちらでチケット購入や受け渡しをするのが最もラクかも。

広島〜米子間を旅行する外国人観光客のお知り合いがいたら是非教えてあげてください。片道1,950円ってメチャクチャお得ですよ。

時刻表について

メリーバード号の時刻表は各運行会社の公式サイトで確認できます。表記は違いますが時刻表の内容はどこも同じ。

バス乗り場・降り場について

米子駅・広島駅の高速バス乗り場・降り場については以下のとおり。

◆米子駅 … 9番のりば(国道180号線に最も近い乗り場)
◆広島駅 … 乗り場は「高速バス3番のりば」、降り場は「高速バス6・7番」

広島駅は乗り場・降り場とも広島駅の「新幹線口」になります。以前は乗り場・降り場とも同じだったらしいのですが、2017年7月のダイヤ改正以降、乗る際は「3番のりば」に変更されています。

メリーバード号、実際に乗ってみた

JR米子駅

▲ JR米子駅。いつもマイカーで米子市に帰省するため長らく来ていませんでした。駅前が整備されて、バス乗り場も広くキレイになってましたが、駅舎の形は30年前とそれほど変わっていません。

pic20180302_1.jpg

▲ 駅前バスセンターの横にセブンイレブンがありました。

全国47都道府県の中で沖縄県と共に「セブンイレブン未出店」だった鳥取県。2015年にようやくセブンが(3店同時に)オープンし、スターバックスの時と同じく、開店初日は大行列ができたらしいです。

その後はセブンがどんどん増え続け、ローソンやファミリーマートなど他の店舗も増え続け、いまや米子市はコンビニだらけ。明らかに出店過剰。47都道府県で最も人口が少ない県なのに、下手すりゃ北九州市よりも米子市のほうがコンビニ多い。

なんでこんなにもコンビニが多いのか不思議でしたが、聞いた話では松江自動車道が開通したことで米子自動車道と共に物流が好転したからなんだそうです。

米子駅前バスターミナル

▲ こちらが「米子駅前バスターミナル」。米子駅を出て左奥にあります。隣の「ホテルハーベスト」が目印。

私は電話で高速バスの予約を完了していたので、出発日の朝に米子駅前バスターミナルを訪れ、事前に聞いていた予約番号を伝え、料金を支払ってチケットを受け取りました。

米子駅前バスターミナル

▲ 米子駅前のバスターミナル。写真左端と中央が市内を走る路線バスのバス停。高速バスに乗り降りする「9番のりば」は写真の右端。駅の構内から横断歩道を渡って移動することになります。

メリーバード号

▲ 今回乗ったメリーバード号。3社のうち日ノ丸自動車が運行する車両でした。どの会社のバスになるかは時刻表に掲載されています。

メリーバード号の車内

▲ メリーバード号の車内。左右に2席ずつ、4列の座席になっています。

北九州と福岡市を結ぶ高速バスにもよく乗車してますし、成田空港から東京駅までのシャトルバスも利用しましたが、座席の感覚はそれらとほぼ同じ。狭くはないです(めっちゃ広くもないけど)。

運行会社によっては4列ではなく3列構成のメリーバード号もあるらしいです(主に日本交通のバスらしいです)。3列構成だから座席はとても広々でしょうね。ただし座席数が少ないから予約が早く埋まるかも。

ちなみに全車両ともトイレ付きです。

USB充電

▲ 各座席にはUSBで接続できる充電用コンセントが設置されていました。最近の長距離高速バスはこういうサービスが増えてきてるらしいですね。とてもありがたい。iPhoneやiPadをフル充電できました。

USBケーブルは各自で用意する必要があります。上の写真のグリーンなケーブルは私の所有物です。

松江自動車道

▲ 米子駅を出発したメリーバード号は、宍道湖を過ぎてから松江自動車道へ。

途中、中国山脈を越える辺りは積雪の地域がとても多く、しばらくの間は窓の外が真っ白でした。

松江自動車道

▲ 道路の雪は完全に溶けて消滅していましたが、道路脇も、そして高速道路の外側も真っ白な世界。道中はiPadで読書しようかなと思ってたけれど、結局ずっと窓の外を眺めてました。

江の川パーキングエリア

▲ 中国自動車道に入ってすぐ、江の川パーキングエリア(広島県三次市)で1回だけトイレ休憩があります。米子駅を出発して約2時間後でした。

江の川パーキングエリア

▲ 米子行き、広島行きの両方向とも休憩は江の川パーキングエリアの1回のみだそうです。トイレは最悪バス内にもあるので、飲み物が欲しい人は江の川パーキングエリアで購入しておきましょう

以前は松江自動車道の途中にある「道の駅たかの」も休憩のため停車してたそうですが、現在は停まりません。ちなみに今回「道の駅たかの」は雪に埋もれてました。

広島駅新幹線口

▲ 8時30分に米子駅を出発し、広島駅の新幹線口に到着したのが11時50分なので、休憩時間も含めてバス乗車時間は3時間20分。ちなみに途中の停留所は「大塚駅」「広島バスセンター」「合同庁舎」の3箇所ありました。

広島自動車道の「広島西風新都インターチェンジ」を出て大塚駅に向かう辺りから(予定よりも早すぎたのか)、バスの速度が極端に落ちて、最初故障でもしたのかと思っちゃった。

その後もスピードを早めるわけでもなく(体感だと時速50kmくらい)、それでも予定の10分前には終点の広島駅に着いたので、普通に走ってればもっと早く到着できるはず。だいたいどの便も予定より早く広島駅に着くらしいです。

ちなみに途中の停留所で「広島バスセンター」は「そごう広島店」の3階にあたる部分だそうです。バスセンターに乗り入れる際、すぐ脇に原爆ドームが見えました。平和記念公園やグリーンアリーナなど市街地西部にすぐ行きたい人はバスセンターで降車が吉。

「合同庁舎」バス停は米子から広島に向かう時だけ停車する停留所。広島から出発する時は停まりません。場所的には広島城、それから八丁堀などの市街地に近いですが、バスセンターとそんなに離れてませんね。

私が乗った便は「大塚駅」と「合同庁舎」では1人も下車せず、「広島バスセンター」で半分、終点の「広島駅」で残り半分が下車、という感じでした。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

今回初めてメリーバード号に乗り、米子から広島までのバス度を楽しんできました。想像以上に快適だったし、乗車時間も苦にならなかったし、帰省の際に広島へ立ち寄る時は今後も利用するつもりです。

実は福岡市や北九州市と米子市を結ぶ高速バスもあるんですよ。でも便数が1日1本で、出発が米子発、福岡発とも深夜。さらに乗車時間が10時間以上。

しかも料金が小倉〜米子で大人8,200円(片道)。新幹線&特急よりは5,000円ほど安いのですが、乗車時間が倍以上かかります(新幹線&特急だと4時間30分)。私も2回利用しましたが、とてもツラい。夜行バスなので眠ってる間に着いてるのは良いんですが、でもやっぱりシンドイ。

それを思えば今回紹介したメリーバード号は米子から広島まで、乗車時間も3時間20分ほどで済みます。十分耐えられる。(もちろん高速道路の事故などによる渋滞で遅延が発生する可能性もありますが、それを言ったらJRも事故等による遅延はあるでしょうし)。

米子〜広島の区間を旅するのであれば移動選択肢の一つとしてオススメできる高速バス「メリーバード号」。なんといっても運賃の安さが魅力的。旅行に行かれる方は検討してみてください。

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします