運が良かった!八幡製鉄所旧本事務所の無料見学会で世界遺産に最接近!

スポンサーリンク

ウォーキング参加者はスルーしてた?

2015年11月7日(土)、八幡東区で開催された地元のお祭り「まつり起業祭八幡2015」とタイアップしたウォーキング大会に参加

今年の起業祭では、世界文化遺産「官営八幡製鉄所旧本事務所」の無料見学会が開催された。当日の朝、ウォーキングの受付を済ませた直後にポスターを見るまで無料見学会のことは知らなかった。

八幡製鉄所・東田通用口

↑ ウォーキング終盤、八幡製鉄所・東田通用口に到着。

まだウォーキング大会の途中だったし、何より行列に並ぶのがキライ。もしも無料送迎バスに長打の列ができてるようなら、残念だけど見学会への参加はあきらめてウォーキングに戻ろうと思っていた。

待ち行列、どのくらい並んでるかなあ、と東田通用口から製鉄所の敷地内に入る。

無料見学会送迎バス乗り場

↑ 行列どころか、待ってる人が1人もいなかった(笑) あれー?

拍子抜けしながら無料バスまで直行。見学者が少なかったのかなと思ったが、あとで調べたらかなり行列ができてた時間帯もあったらしく、バス待ちの人が相当多くて見学を断念した人もいた、とSNSやニュース記事で見た。

ってことは私、かなり運が良かったらしい

ただ、私がウォーキングをしていた時間帯だけの話かもしれないのだけど、パッと見た感じ、7割か8割くらいのウォーキング参加者は東田通用口に近付くことすらなかった。

興味が無くてスルーしたというより、多くの人は無料見学会や東田通用口のことを知らなかったんじゃないか、という雰囲気だった。東田通用口はウォーキングのコースから外れていたし、大勢の人は東田通用口の方向を見てすらいなかったし。

むしろ起業祭に来た人や、世界遺産目当てで来た人、つまりウォーキング参加者以外の見学者が(私の行った時間帯では)圧倒的に多かった印象。皆さんキチンと情報収集してるんだなあ。私はウォーキングに来ていなければ知ることもなかった。ラッキーだった。

無料見学会送迎バス車内

↑ バスに乗り込む。まだ座席の空きがあったので安堵。しかしこの後、なんだかんだで人がどんどん乗ってきて車内は満員どころか立ってる人もいてギッシリ。

世界遺産無料見学会の注意事項

↑ バスに乗る際に配布された、無料見学会の注意事項。

JTBがやってた有料のバスツアー(大人1名で2,300円)は自治体(北九州市)主導だった。一方、今回の無料見学会は新日鉄が起業祭のために開催した特別企画。

公式サイトによれば、3日間開催された起業祭のうち、世界遺産の無料見学会が開催されたのは2日目の11月7日だけだったらしい。

で、今回の無料見学会、とても厳格な注意事項を徹底する必要があって、簡単に言うと「旧本事務所だけしか撮影しちゃダメよ!」というもの。それ以外の施設は撮影禁止。背景として写り込んでもダメ! と厳しい。

そういうわけで、バスが出発してから到着するまで写真撮影は厳禁。敷地内をゆっくりとバスが走り、周囲の風景を眺めて楽しむ。

遠くから眺めるだけだった旧本事務所が目の前に!

官営八幡製鉄所旧本事務所

↑ 東田通用口を出発して約3分。無料送迎バスが念願の旧本事務所に到着。眺望スペースから遠く眺めるだけだった世界遺産が目の前にある。世界遺産マニアではないけれど、なんだかものすごく嬉しい。他の人たちもテンション上がってる。

現地には10名以上もの新日鉄関係者たちが警備のために立っていて、見学者が立入禁止区域に侵入したり、撮影禁止の建造物などにカメラを向けてないかを厳重にチェックしてた。

バスから降り、眺望スペースのほうを見る。いつもは旧本事務所が遠く遠く感じるが、今回は眺望スペースがやけに遠く見える。

ここから眺望スペースの写真を撮ってもいいのかな? いつもはあそこから眺めてるのだけど、今回はいつもと逆の写真、旧本事務所から眺めた眺望スペースの写真を撮ってみたよ、って主旨でブログに載せたいな。

ただ、旧本事務所以外の写真撮影は禁止と言われたので、無断撮影だと怒られるかもしれないと思い、念のため警備の人に確認してみた。

「ここから眺望スペースの写真を撮ってもいいですか?」と質問したら、

え? 眺望スペース?

と不思議そうな顔をされた。どうも「眺望スペース」という名称を知らなかったらしい。マジか。それにビックリだわ。

いつも眺めてる風景とは逆の…と主旨を説明したが、警備の人、少し悩んだ末に「申し訳ないですが…」とNG。

私有地なので、世界遺産に登録される前までは旧本事務所の撮影自体も禁止されてたのだけど、世界遺産に登録された翌日以降は眺望スペースから旧本事務所を撮影するのはOKになった。

そういう意味で言えば、旧本事務所から眺望スペースの写真を撮影するのは「理屈としては」問題ない(眺望スペースは「撮影厳禁の場所」ではない)はずなのだけど、今回「旧本事務所以外は撮影禁止」というからにはNGなのだろうし、私も反抗的な態度を取るつもりはなかったので素直に従った。

無料見学会でワガママな来訪者が多かったから来年は止めようぜ〜、となったら困るもんね。来年もまた来たいし。

旧本事務所案内板

↑ 本事務所入り口の左側に立ってる案内板。明治32年(1899年)から大正11年(1922年)まではここが現役の施設。その後で現在の八幡ロイヤルホテルがある場所に2代目の本事務所が出来て移転したってことなんだろうな。

官営八幡製鉄所旧本事務所

↑ 正面入口! 近すぎて何だか分かんない!

本当は真正面のもう少し離れた場所から、本事務所全体が写真におさまるような構図で撮影したくて、バスの位置よりも数歩離れた場所に移動しようとしたら警備の人が5人ほど、

あああーーダメだめダメだめダメだめですっ!!!

と、まるでそこから先に踏み込んだら殺人ピラニアに襲われて喰われて死ぬかのような緊迫感漂う警告の大合唱を一斉に受けたので、アワワワ! と大慌てで跳び戻ってしまったぜ。ビビったぜ。

バスが停留する場所で危険だから見学者は立ち入らないように、って配慮なのは分かるんだけど、一応バスが来てないことを十分確認してるし、2〜3歩ほど後ろに行きたかっただけなのよ。気持ちは分かるが、そこまで神経過敏にならんでも良くないか? とは正直思った。

ま、でも無料見学会だし。ありがたいことだし。来年もやって欲しいから従います。すいませんでしたー。

官営八幡製鉄所旧本事務所

↑ ということで、立ち入り可能なスペースの範囲内で写真を撮りまくる。もう少し引いた写真を撮りたかったが、今回それは無理だった。

上の写真は人が全然写り込んでいないけれど、この時点で30人前後の見学者が撮影ポイントを縦横無尽に入れ替わりながら撮影しまくってる状態。今日を逃すともうこんな至近距離で撮影できないかもしれない貴重な瞬間だもんね。みんな楽しみつつも必死。

旧本事務所の裏側に展示されてたパネルも貴重!

官営八幡製鉄所旧本事務所の裏側

↑ こちらが旧本事務所の裏側広場。眺望スペースからは死角になってるので、当然ながら今回初めて目にする場所。ちなみにこの角度以外の撮影は、他の施設などが写り込んでしまうので全てNG。

昔の官営八幡製鉄所

↑ 裏側の広場ではパネルも多く展示されていて、こちらは撮影OKだった。明治時代、操業開始の頃の八幡製鉄所・本事務所周辺。この写真は確か眺望スペースにも同じパネルが展示されてるんじゃないかな。見覚えがあるので。

官営八幡製鉄所のパネル展示

↑ 東田第一高炉がまだ建築中の頃の写真かな。撮影は明治33年(1900年)と書かれてた。大勢の人が高炉前に並んで記念撮影をしてるっぽいのだけど、その面々がなかなか豪華でスゴかった。

明治33年の八幡製鉄所記念撮影

↑ まず右下に内閣初代首相、伊藤博文がいる。1900年の撮影だから伊藤博文は現役の内閣総理大臣だった頃。

その左側に井上馨。幕末から伊藤博文と盟友だった長州藩の志士で、日本初の内閣(第1次伊藤博文内閣)で初代外務大臣になった人。

伊藤博文の上に、麻生太吉がいる。麻生太郎元首相の曾祖父(ひいおじいちゃん)で、この人も元衆議院議員。なんとなく目元が麻生さんに似てる気もする。

あとは、一番上の中央に「筑豊の炭鉱王」と称された伊藤伝右衛門がいる。朝ドラ「花子とアン」で仲間由紀恵が演じた蓮子の嫁ぎ先、嘉納伝助のモデルになった人と説明すれば福岡以外の人でも分かるかな。

他の人は残念ながら名前を見ても誰なのか分からなかった。

官営八幡製鉄所修繕工場

↑ 今年7月、旧本事務所と共に世界文化遺産に登録された「修繕工場」のパネル写真。日本に現存する最古の鉄骨建築物で、今も現役で稼働している。

ちなみに、世界文化遺産に登録された3施設のうち、眺望スペースから死角になってて見ることができない「修繕工場」と「旧鍛冶工場」の2つは、無料送迎バスで東田通用口に帰る途中、バスの中から初めて見学することができた。当然ながら撮影厳禁なので写真は撮ってない。

無料見学会送迎バス

↑ バスが東田通用口に到着して無料見学会は終了。

本事務所の前でバスの写真を撮ろうとしたのだけど、この時も「背景に撮影禁止の建物が写り込むといけないので、東田通用口に帰ってから撮ってもらえますか」と警備の人にNGを出された。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

いつか旧本事務所に最接近したいとは思っていたが、起業祭でそれが実現できるとは思わなかった。遅刻したおかげで無料見学会に気付けたこと、送迎バスが空いてたことは幸運だったとしか言いようがない。

今まで見たことがなかった修繕工場と旧鍛冶工場もこの目でしっかりと見学することができた。貴重な無料見学会、参加できて良かった。来年も開催して欲しいなあ。

八幡製鉄所の世界遺産に少しでも興味があれば、2016年以降も起業祭で無料見学会を開催してくれるかもしれないので、「11月には起業祭」ってのを記憶しておくとイイことあるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :