特典の多い「イオンカードセレクト」を上手く利用して買い物上手になろう!

スポンサーリンク

イオンカードよりも更に特典が多いイオンカードセレクト

郊外や地方に住む人にとって「イオンモール」は大変重宝します。何でも一通り揃ってますからね。ショッピングのみならず娯楽施設も充実しているので、地方のイオンモールは休日になると異様に混雑します。

イオン系列の「マックスバリュ(MaxValu)」というスーパーも最近増えてきました。北九州市内でもいろんなエリアでマックスバリュを見かけるようになってきています。

イオンやマックスバリュを頻繁に利用する人であれば、おそらく「イオンカード」や「WAONカード」を使っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、イオンカードより更に家計を助けてくれるカードがあります。それが今回紹介する「イオンカードセレクト」。私はイオンで買い物をする時、イオンカードセレクトしか使っていません。現金で支払うよりも特典が多いので。

イオンカードやWAONカードと同じ機能を持ち、更に独自の特典を持つイオンカードセレクトについて解説します。どうせイオンで買い物するなら特典ををイッパイもらいたいですもんね。

まず「3つのポイントの違い」を理解しましょう

イオンカードセレクトの説明に行く前に、イオンで利用できる3種類のポイントの違いを押さえておきましょう。これが分かってないと「何がオトクなのか」がサッパリ分かりません。

◆WAON
◆WAONポイント
◆ときめきポイント

この3種類。順番に説明します。

WAONとは?

・WAONは電子マネーである。
・チャージしておかないと使えない。

WAONは電子マネーなので、現金同様に使うことが出来ます。レジなどで専用端末にカードをかざすと「ワオーン!」と音声が響いてWAONが消費されます。

「WAONカード」や「WAON一体型のイオンカード」にチャージしておかないとWAONは使えません。財布の中にお金が入ってないのと同じ意味ですね。

【参考】電子マネー|WAON [ワオン] 公式サイト

WAONポイントとは?

・WAONポイントは、WAONにチャージするためのポイントである。
・WAON払い200円につき1ポイントもらえる。
・WAONポイントのままでは利用できない。
・有効期限がある。

WAONを使って買い物をしていくと「WAONポイント」が貯まっていきます。貯まるのは「WAON」ではなく「WAONポイント」です。

WAONポイントは電子マネーではなく「ただのポイント」なので、WAONカードなどにポイントをチャージしないと買い物には利用できません。また、WAONポイントには有効期限があるので、チャージなどをせず放置したまま一定期間が過ぎるとWAONポイントは消滅します。

WAONポイントからWAONへのチャージは、イオンなどの店舗内にある水色の端末「WAONステーション」で出来ます。

【参考】WAONポイントをWAON(電子マネー)に交換する|WAON端末操作について|電子マネー WAON [ワオン] 公式サイト

ときめきポイントとは?

・クレジット利用でもらえるポイント。
・カード払い200円につき1ポイントもらえる。
・有効期限がある。
・商品に交換できる。
・WAONポイントに交換できる。

クレジット機能があるイオンカードでクレジット支払をした時や、ETC専用イオンカードを利用した時には、「ときめきポイント」がもらえます。

Webの「イオンスクエア」にある「ときめきポイントTOWN」でネットショッピングをすると、イオンモールなどの店舗で買うよりも「ときめきポイント」が多くもらえるという特典もあります。

ときめきポイントは、日用雑貨や時計などの商品と交換することも出来ます。私も以前は商品と交換してました。ポイントの有効期限が切れちゃいそうだから、消滅するよりは何か商品を貰った方がいいよね、という理由で。しかし魅力的な商品がズラリと揃ってる訳でもありません。

それならば、ときめきポイントをWAONポイントに交換した方が実用的

ときめきポイントからWAONポイントへの交換は、Webサイト「イオンスクエア」で申請することが出来ます(無料会員登録が必要)。また電話で自動音声の指示に従って申請することも可能です。

ただし、ここまでしっかり読んで頂いてればピンと来たかもしれませんが、ときめきポイントをWAONポイントに交換した時点では、まだ電子マネーにはなっていません。

ときめきポイント → WAONポイント → WAON

と交換していくことで、ときめきポイントを電子マネー化させることが出来ます。

【参考】ときめきポイントについて|暮らしのマネーサイト

本題。イオンカードセレクトとは?

さて、今回紹介するイオンカードセレクトについて。

◆イオンカードと同じクレジット機能
◆イオン銀行のキャッシュカード
◆WAONカード

イオンカードセレクトは、上記3つの機能が1枚に全部含まれているカードです。イオンカードにも「WAON一体型」はありますが、それにイオン銀行のキャッシュカード機能がプラスされたもの。

※ちなみに「イオンモールメンバーズカード」というものもありますが、イオンカードとは別物だとお考え下さい。

イオンカードセレクトは、イオン銀行に口座を持っている人であれば誰でも作ることが出来ます。

イオンモール内にある「イオン銀行」か、銀行がないイオンモールの場合は店舗内の青い「イオンカード・イオン銀行開設ブース」にて口座を作ることが出来ますし、口座開設と同時にイオンカードセレクトを申請することも出来ます。私は同時に申請しました。

イオンカードセレクトの特典

黒い文字は「イオンカードと同じ特典」、赤い文字は「イオンカードセレクト独自の特典」になります。

★毎月20日、30日の「お客さま感謝デー」で5%OFF
★毎月5日、15日、25日の「お客さまわくわくデー」でポイント2倍
★毎月10日の「Wポイントデー」にクレジット払いで、ときめきポイント2倍
★毎月15日の「G.G感謝デー」で5%OFF
★イオンシネマやワーナー・マイカル・シネマズで映画料金を割引
★オートチャージでWAONポイントが更にもらえる
★各種公共料金の支払い設定1件につき5WAONポイントが毎月もらえる
★給与振込口座に指定すれば毎月10WAONポイントもらえる

★毎月20日、30日の「お客さま感謝デー」で5%OFF

支払の際にカードを利用してクレジット払いかWAON払いにした場合、5%割引となります。カードを見せて現金払いしても割引されます。

★毎月5日、15日、25日の「お客さまわくわくデー」でポイント2倍

毎月「5のつく日」にカードで買い物をすると、クレジット払いの時は「ときめきポイントが2倍」、WAON払いの場合は「WAONポイントが2倍」、それぞれもらえます。

★毎月10日の「Wポイントデー」にクレジット払いで、ときめきポイント2倍

WAON払いや現金払いは対象外です。毎月10日だけはWAONじゃなくクレジット払いにするとオトクということですね。

★毎月15日の「G.G感謝デー」で5%OFF

55歳以上でイオンカードを利用されている方々は、「イオンカード」や「イオンカードセレクト」を「G.Gマーク付き」に切り替えることで、毎月15日の「G.G感謝デー」に5%割引の特典が受けられます。

15日は「5のつく日」ですので、「5%割引」と「ポイント2倍」のダブルで特典が受けられることになります。大変オトク。

切り替え手続きは、切替申込書を郵送する方法もありますし、Webサイトで申請することもできます。

【参考】イオンカード(G.Gマーク付)切替申込書お手続きについて

★イオンシネマやワーナー・マイカル・シネマズで映画料金を割引

いずれもカードを利用してクレジット払いした時に割引が適用されます。

【イオンシネマの場合】
・カード会員、および同伴者(大人)全員が300円割引
・毎月20日・30日の「シネマ感謝デー」は、カード会員および同伴者全員の鑑賞料金が1,000円
【ワーナー・マイカル・シネマズの場合】
・カード会員、および同伴者(大人)1名が300円割引
イオンカードセレクトは500円割引

一部適用されない映画館もあるようです。詳細は以下ページをご覧ください。

【参考】旅行・レジャーでもおトク! | 暮らしのマネーサイト

★オートチャージでWAONポイントが更にもらえる

カードのWAON残高が足りない時、WAONをチャージしてあげる必要があります。これはWAONカードもイオンカードも、イオンカードセレクトも同じ。

レジで現金を渡してチャージしてもらってもOKですが、イオンカードセレクトに「オートチャージ設定」をしておけば、残高が足りない時は自動でWAONをチャージしてくれます。チャージするお金はイオン銀行口座から引き落とされます。

「残高が幾らを切ったら」「何円分をオートチャージする」という金額は、利用者がお好みで設定できます。

自動でチャージしてくれるだけなら「ラクチンねー」で終わりですが、イオンカードセレクトの場合はオートチャージ200円につき1WAONポイントもらえるという特典があります。

WAONを利用することでWAONポイントがもらえ、更に残高が減ったらオートチャージでまたWAONポイントがもらえるダブルの特典、いわゆる「WAONポイントの二重取り」がイオンカードセレクトの大きな強みとなっています。

例:イオンカードセレクトのWAON払いで3,000円の買い物をしたら、残高が足りなくなったので5,000円がオートチャージされた場合

いずれも200円につき1WAONポイントもらえるので、

・買い物の3,000円 → 15WAONポイントもらえる
・オートチャージの5,000円 → さらに25WAONポイントもらえる

合計40WAONポイントもらえます。

これが「5のつく日(お客さまわくわくデー)」なら、15×2=30とオートチャージの25、合計55WAONポイントもらえることになります。

★各種公共料金の支払い設定1件につき5WAONポイントが毎月もらえる

電気、水道、ガス、固定電話、携帯電話・PHS、NHK受信料、国民年金の支払口座をイオン銀行に指定することで特典を受けられます。

例:電気、固定電話、NHK受信料の支払いをイオン銀行にした
→1つにつき5 × 3 = 15WAONポイントが毎月もらえる

★給与振込口座に指定すれば毎月10WAONポイントもらえる

イオン銀行を給与振込口座に指定するだけで特典が受けられます。

ただし注意点として、残高履歴明細書などの摘要欄に「給与」と表示されている必要があるそうです(給与振込だと証明できなければならないため)。

入金方法が「給与」になってない場合は勤務先と相談して、変えてもらえるようなら「給与」にしてもらった方がいいですね。

イオンカードセレクトやイオン銀行、各種特典の補足

◆イオンモールやマックスバリュなどの店舗内にある端末で、赤色の端末はイオン銀行、青色がWAONステーション。WAONポイントからWAONへの交換など、WAONに関する手続きはWAONステーションで行えます。

◆イオン銀行のATMは、イオン店舗の営業時間内であればいつでもお金の入出金が可能。引き出し手数料も無料なのが嬉しいですね。(コンビニATMからお金を下ろすこともできますが、手数料がかかります)

◆イオン銀行の口座に残高がない(=お金が入ってない)時はオートチャージが出来ません。

◆イオンカードセレクトの家族カードもオートチャージは出来ますが、オートチャージによるWAONポイント付与の特典はカード会員本人のみで、家族カードに特典は無いそうです(家族カードは月末に一括して引き落とされるクレジット払いと同じ扱いになるみたいです)。

◆毎週火曜の「火曜市」で、WAONを使って3,000円(税込)以上の買い物をすると、100WAONポイントがもらえる「火曜市WAONトクトクポイント」という特典があります。クレジット払いは特典の対象外です。

◆WAONのチャージ上限金額は、初期設定で20,000円になっていますが、設定変更で上限50,000円に変えることが出来ます。ちなみにイオンカードセレクトは初期設定の時点で50,000円になってます。

◆1回あたりのチャージ上限額も初期設定では20,000円になってますが、29,000円に設定変更できます。どちらの設定も店舗内の「WAONステーション」で変更することが出来ます。

◆ときめきポイントからWAONポイントへの交換は1,000ポイントから可能で、以後500ポイント単位で増やすことが出来ます。「1ときめきポイント=1WAONポイント=1WAON=1円相当」です。

◆ときめきポイントからWAONポイントへの交換は、Webサイトの「イオンスクエア」で申請できますが、WAONポイントの受け取りは店舗内の「WAONステーション」になります。

◆公共料金引落としなどでもらった各種WAONポイント特典は「WAONステーション」でWAONに交換する必要があります。定期的に「WAONステーション」で交換できるWAONポイントがないかをチェックするようにすればポイントを失効しなくて済みます。

まとめ

使い過ぎるのが怖い、などの理由でカード払いやWAONでの支払いを敬遠する人も多いと聞きます。確かにカード払いやオートチャージは手元に現金がなくてもドンドン買い物が出来てしまうので、つい衝動買いしてしまいがち。

ただ今回紹介したように、イオンカードセレクトを使うことで割引額が大きくなったり、特典としてもらえるWAONポイントが増えたりします。これを上手に利用しないとモッタイナイ。

衝動買いや使い過ぎが怖い人は「イオンでの買い物専用」としてイオン銀行に口座を開設し、毎月決まった額だけを入金するようにして、さらにオートチャージの額を小さくすれば歯止めが効くのではないかと思います。

オートチャージを無効にすれば、自分で決めた限度額を超えてWAONを使い過ぎることはありませんが、それだとオートチャージのメリットを失ってしまうので、ここは難しいところ。

現金払いも全く同じことですが、使い過ぎには注意し、計画的に買い物をして、さらにイオンカードセレクトの特典や「お客様感謝デー」などのサービス日を上手に活用して家計に貢献させていければいいですね。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :