新しいMacを購入したのはいいけれど…【今週の戯言】

まだ届いてはいない

この度、新しいMacを買うことになりました。

昨日購入手続きを済ませたのですが、メモリやストレージを増量するいわゆる「カスタマイズ品」のため、まだ手元にはありません。

少し前に新しい「Macbook Air」がリリースされたばかりということで、製造ラインが忙しいんですって。店員の話によれば、自宅に郵送されるのは「早くても2週間後」とのこと。ゆっくり待ちます。

さて、「新しいMacを買った」というだけの情報であれば喜ばしいことなんです。実際、SNSでMac購入の件を投稿したら、祝福や冷やかしの返信を頂きましたし。

しかしながら、私自身はテンションが全然上がりません。むしろ溜め息ばっかりついてます。

なぜ喜べないのか

今回Macを購入する流れになったのは、5年間愛用していた「Macbook Air」の挙動がいよいよおかしくなってきたから。

2013年6月、初めてのMac、初めてのノートPCとなる「Macbook Air」を購入。この時は本当に嬉しかったのです。あまりに嬉しすぎて舞い上がってしまい、舞い上がった内容のエントリーも当時書きました。

福岡開催のオフ会でMacの魅力を教わり、1年間かけて「Mac貯金」をして、ようやく買えた。どれだけ嬉しかったか。毎日ガッツポーズものでした。

次に買うMacも初代と同じ流れにしたかったのです。コツコツ資金を貯め、いざ時が到来して待望の購入。バンザイ。

でも出来なかった。

まず、他の家電がここ数年壊れまくってる。結婚し、現在の家に住んでから長いので、それほど長寿ではない家電が次々と壊れるのはある意味仕方ないのですが、それでも集中してしまうと出費がハンパない。

さらに子供の進学や習い事でも出費が発生します。これも子供のためですから、出費は仕方ない。

そんなこんなでMac購入に向けて貯蓄する余裕が全然なかった。それよりも他の出費にお金を回すことを優先させてきたのです。

使用5年目に突入したMacは徐々に老化し、最近いろいろとボロが出始めてきていました。充電してもすぐ電池なくなるとか。ディスプレイの明るさが(まるで何かに呪われてるかのように)明るくなったり暗くなったりするとか。ネット接続がやけに時間かかるとか。Wi-Fiが切れまくるとか。

中でも最悪だったのは、電源が突然切れてしまうこと。Macを使ってる最中に突然画面が真っ黒になり、「あれ、スリープした?」と思ってキーボードを叩いても画面は復活しない。

ネットを見てるくらいの使用であれば別にいいんですけど、Excelを作ってたり、プログラムを組んでる時に突然Macが落ちてしまうのは大変困ります。頻繁に上書き保存と言ったって限度がありますから。

仕事でプログラムを組んでる時に突然電源がブツッと落ちてしまう時、どんだけ発狂するか。

最悪の事態

その「勝手にMacの電源が落ちてしまう」現象が先日も発生しまして。

その時に運の悪いことに、外付けハードディスクを繋いで「Time Machine」によるMacのバックアップ作業を行ってたのです。

気付いた時には画面が真っ暗になってて、慌てて電源を入れ直し、結果的にバックアップは終了。パッと見た感じで特におかしい所は見当たりませんでした。

しかし翌日、外付けハードディスクをMacに接続しても、Macが認識してくれない。外付けハードディスクのランプは点灯や点滅をして動作してるんですけど、「接続されてない」状態のまま。

つまり、Macだけでなく外付けハードディスクも壊れてしまったのです

何が困ったかというと、Mac購入以降から外付けハードディスクに保存していた家族写真、約5年分が閲覧できなくなりました

これが決定打でした。完全に心が折れちゃった。2日ほど落胆して仕事にならなかったくらい。

情報収集して修復作業も試みました。Appleやハードディスクのメーカーに電話して対策も聞きました(いつものように「たらい回し」でしたけどね)。

現時点で判明してるのは、家族写真を含むデータが完全に破壊・消滅してしまったわけではないけど、ディスクからデータを救出するための費用が3万円〜7万円ほどかかるのだとか。

そんな金ねえよ。

でも家族写真を失ってしまうのは精神的ダメージが大きすぎる。

外付けハードディスク自体は別にぶっ壊れてもいいんです。保存していた他のデータも、何を入れてたか忘れてるくらいなので特に重要ではないはず。でも家族写真は違う。失いたくない。

こんなことなら、もっと早く「おもいでばこ」への移行作業を進めておけば良かった、と後悔ばかりしています。


こういう時のために「おもいでばこ」を買ったはずなのに、忙しさを理由に移行作業を怠けてしまってた。

落ち込んでばかりではないと思うけど

ということで、挙動が不安定な初代Macをこれ以上使い続けるのは危険だと判断し、新しいMacの購入が急に決まった、という流れなのです。

次のMacを買う際には

「やっぱり新しいMacサイコー!」
「画面キレイやー!」(次のMacは初代にはなかったRetinaディスプレイです)
「テンション上がるわー!」

って盛り上がりたかったんです。

ところが、出費ばかりで家計が苦しい時に、Macもおかしい、家族写真も失いそう、こんな状態で今度は30万円前後のMacを買う。

全然喜べない。嫁や子供に申し訳なくて仕方ない。

愚痴ばっかりのエントリーになっちゃいましたね。すみません。

今回思ったのは、やっぱりバックアップの大切さですかね。「備えあれば憂いなし」と言います。大切なデータであればなおさら、二重三重に失わない準備をしておくべき。今回私はそれを怠りました。今後の教訓にしなければならない。

そして、2週間後か3週間後か分からないですが、新しいMacが我が家にやって来て、使い始めたらきっと「ひゃっほーう!」とテンション上がるとは思うんですよ。待望の新Macですからね。ジワジワ嬉しくなると思います。思いたい。頼むから上がってくれ、俺のテンション。

新しいMacが到着したら、エントリー書くかもしれません。その時にアホみたいにテンション高かったらどうぞ私を笑ってやってください。

ってなことを書いてる矢先に、今度はリビングに置いてる愛用ソファの脚が折れました。もう泣きたい……

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします