3年ぶりに開催された直方チューリップフェア2022、桜も満開で美しい

規模を縮小しつつ3年ぶりの開催

直方チューリップフェア
直方チューリップフェア会場(直方リバーサイドパーク)

直方市で毎年開催されている春の風物詩「直方チューリップフェア」。

直方駅を発着地点とするウォーキング大会もこの時期に開催されており、ウォーキングの途中でチューリップや桜を愛でた人も多いのではないでしょうか。

すっかり定着した直方市のチューリップ祭りですが、新型コロナウィルスの感染拡大により、2020年と2021年は中止となってしまいました。

2022年は3年ぶりの開催となりました。3月26日(土)から4月3日(日)の期間にチューリップフェアとして開催され、期間中は露店が出ています。

直方チューリップフェア

いつもならウォーキング大会当日にチューリップフェアも楽しむのですが、今年は残念ながら参加できないため、今回はチューリップと桜を楽しむためだけに来てみました。

平日の午前中にもかかわらず、それなりに人は来ていました。期間終盤の土日になるとかなりの来訪者が予想されます。

直方チューリップフェア

まだチューリップが開花していない区画も一部あります。チューリップフェアの期間終了後もしばらくチューリップは咲き続けるため、長く楽しめると思います。

直方チューリップフェア

ちなみに今回初めて知ったのですが、直方市役所前などに広がる遠賀川の河川敷、そして直方チューリップフェアの会場になっている遠賀川と彦山川に挟まれた中洲エリアなどの一帯は、「直方リバーサイドパーク」と命名されているそうです。

ここには数多く来てるのですが、そんな名前が付いているとは知りませんでした。いつ命名されたんだろう。

直方チューリップフェア

直方チューリップフェア

直方チューリップフェア

例年であればダンスや太鼓などのステージイベント、ミニSLの運行イベントなどがフェア期間中に実施されるのですが、2022年は新型コロナ感染対策のため規模を縮小し、集客イベントは実施せず、露店のみとなっているそうです。

桜の開花時期もピッタリ合った

直方チューリップフェアの桜
直方リバーサイドパークにある桜並木

直方リバーサイドパークの中央部には桜並木もあります。

過去に開催された直方チューリップフェアでは、桜の開花が遅かったり、あるいは早すぎて散ってしまったりと、タイミングが合わなくてチューリップしか楽しめなかった、ということが多々ありました。

でも今年は大丈夫!

直方チューリップフェアの桜

2022年、福岡県は3月19日に桜の開花が発表されました。これは全国最速。

桜の満開予想日は3月28日頃だと発表されていましたが、その予想通り、3月28日にはほぼ満開となっていました。

直方チューリップフェアの桜

桜並木はけっこう長い距離がありますので、散歩しながらゆっくりお花見をするのがオススメです。

直方チューリップフェアの桜

直方チューリップフェアの桜

この日は今春に小学校へ入学すると思われるお子さんたちがたくさん来ていて、真新しいランドセルを背負って記念撮影に興じていました。

最近は桜の開花時期が早いので、入学式の頃は桜がもう散っていたりしますからね。なので一足お先に満開の桜の下で写真を撮ってた親子連れを眺めながらホッコリしていました。

直方チューリップフェア会場、彦山川

チューリップフェア会場には遠賀川のほう(=直方市役所などがある河川敷)から来訪するパターンが多いかと思いますが、直方リバーサイドパークの反対側・彦山川のほうから桜並木を眺めてみると、また違った風景が楽しめるので面白いです。

直方リバーサイドパークに架かる橋
直方リバーサイドパークに架かる橋(遠賀川)

直方市役所側の河川敷と中洲エリアは木製の橋が架かっており、その橋を渡って移動できます。久しぶりに来てみたら、橋の幅が以前の倍くらいに広くなり、キレイになっていました。

反対側から来る人とすれ違う時も、これだけ広ければ怖くありません。

昔の直方リバーサイドパークの橋
以前の橋(2011年11月撮影)

上の写真は2011年11月、ウォーキング大会で訪れた時に撮影したものです。以前は橋の幅が狭く、反対側から来る人とすれ違う時に恐怖を感じていました。上の写真を撮影した日は雨天のため川の水も増えており、いつも以上に怖かったのを覚えています。

昔の直方リバーサイドパークの橋

数年前、九州地方で発生した豪雨災害により、ここ直方市の遠賀川も水位が大幅に上昇し、河川氾濫などは発生しなかったものの、河川敷は完全に水没。その際に木製の橋も流され、消滅してしまいました。

橋が消滅した後、復旧工事で橋が再び架かったのは、車を運転している際などに遠くから見ていて知ってはいたのですが、復旧後の橋を間近で見たのは今回が初めてだったので、安心しました。

ちなみに、遠賀川に架かる橋は復旧工事により倍の幅になっていますが、反対側・彦山川に架かる橋は以前と同じく幅が狭いままです。したがってすれ違う際はちょっと怖い。

直方チューリップフェア会場

現在は河川敷に菜の花も咲いており、春の到来を実感できる美しさです。直方市にお越しの方々は是非立ち寄ってみてください。遠賀川・彦山川、両方の河川敷に駐車場もありますよ。

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします