[Я]今は亡きプロレスラー列伝#10:ジャンボ鶴田

スポンサーリンク

鶴田のことを好きになれなかった2つのムーブ

今回紹介するのは、ジャンボ鶴田。この人もプロレスファンのみならず知名度のある人じゃないかなぁ。

ミュンヘン五輪にレスリング代表として出場。その後、馬場さんにスカウトされて全日本プロレスに入団。

将来のエースとみなしてた馬場さんは、いきなり試合をさせず、アメリカのファンクス道場(ドリーとテリー)で修業をさせた。鶴田の同期はスタン・ハンセン。

帰国後、いきなり師匠のテリー・ファンクからジャーマンでフォールを奪うなど、早くも大器と称される。

ちなみにこの頃、私は全日本の試合をほとんど観ていない。鶴田がアメリカ国旗みたいなタイツ履いて試合してるのをリアルタイムで観たことはないはず。(後にビデオなどで観たけど)

全日本プロレスを観るようになって、私はブルーザー・ブロディが大好きになったんだけど、ちょうど私が全日本を観戦するようになった頃、ブロディのライバルは鶴田。

ブロディが好きな立場としては、当然ながら鶴田は応援しないわけですよ。それもあって当初は鶴田に良い印象が全然なかった。

昔の鶴田を見てて、とにかくイライラしたムーブが2つありまして。

1つは、試合中によくやってた「オー!」。あれがキライでね。

オー!言うてるヒマあったら技を出せや! っていつも思ってた。いやテレビに怒鳴ってた。

長州だったり、天龍だったり、昔の鶴田のライバルは人気者が多くて、アンチ鶴田は大抵みんな「オー!」を小馬鹿にしてた。一時期は鶴田をおちょくる意味で観客が鶴田に「オー!」と浴びせる場面もあったり(特に後楽園ホール)。

それでも鶴田、やめなかったですもんね。「オー!」を。

天龍、その後は三沢や川田たち超世代軍との死闘を経て、

「やべえ、鶴田ってメチャメチャ強いぞ」
「あれはホントに怪物や」

と万人が認めるようになり、遂には観客もリスペクトの意味を込めて「オー!」を叫ぶようになった

それを受けて、試合後は鶴田と観客が一緒になって「オー!」と叫び、共に拳を突き上げる。それが全日本の名物にまでなった。あれは本当にスゴイことだと思う。

もう1つキライだったのは、いわゆる「ピクピク」。

もうあれがキライでキライで…。オー!なんて比較にならないほどキライだった。

対戦相手の攻撃を受けてマットに倒れた後で、ピクピクッ、ピクピクッってケイレンするんですよ。

マナ板の上の魚かよ

しかもその後、すぐに反撃したりする。何食わぬ顔して。さっきのケイレンなんやったんや!

長いことプロレス見てるけど、あんだけピクピクしてたレスラーっていないでしょ。私の知らない昔々は、ピクピカーがもっといたんだろうか?

大学時代の友人が鶴田の大ファンだった

大学に入って知り合った友人がいまして。彼も毎週、週刊プロレスを買ってた。

その彼、「一番好きなレスラーは鶴田だ」と言う。胸を張って言う。そんで長州がキライだと。

彼は新日本があんまり好きじゃなかった。私と逆ですよ。

彼とはいろいろ熱く語り合いました。お互い熱くはなったけど、口論やケンカは一度もしてません。出会って20年以上経った今でも彼とは仲が良くて時々会ってる。

アンチ鶴田とアンチ長州が語るとなると、ほぼ間違いなく登場する話題の筆頭が、1985年のシングル対決だと思うんですよ。60分フルタイム時間切れ引き分けの。

長州ファンな私としては、鶴田のことをコテンパンにしてくれー!と願ってたのに引き分けで、あんまり面白くねえなー、ってのが正直な感想。

しかし彼は力説するんです。「あの試合こそが鶴田の真骨頂だ」と。あれで鶴田のスゴさが分からん奴はプロレス分かってない、まで言われた。

彼が言うには、

「鶴田はスタミナでは世界中の誰にも負けない」
「鶴田がドッシリ構えて長州はチョロチョロ動き回ってただけ」
「試合が終わってからも鶴田は余裕シャクシャク、長州はヘロヘロだった」

時が過ぎて、長州自身が鶴田戦を回顧する時に「鶴田はスゴかった」と認めていたり、ブロディなどの常連外国人レスラーたちが鶴田を絶賛していたり、鶴田自身も引退特集で「あの試合は僕の作戦勝ち」と語ったり、友人の話と一致する情報ばかり入ってくる。

そういう意味では、私ってナーンモ分かってなかったんだな、と思ったりもする。

ダイエーホークスとテレビ局が敵

大学生の頃、福岡ではプロレス中継が深夜に放送されてました。あの頃から新日本は既に1週遅れじゃなかったかな。全日本はその週のうちに放送してくれてたので、まだ良かったんだけど。

ただ、福岡の深夜はですね、野球中継が多かったんですよ、当時。

福岡と言えばホークス。当時はソフトバンクじゃなくてダイエーホークスだった。ゴールデンタイムで放送できない日は、深夜で放送することが多かった。

私、試合結果が判ってからスポーツ中継を観るのがキライなんです。それもあって、深夜に野球中継をする意味が当時まったく理解できなかった。

だって、直前にプロ野球ニュースの放送があるんだもん。結果を知った直後に試合を観る人いるの? ってのが不思議で。まあ野球好きな人はそれでも観てたんだろうけど。

そんな感じで深夜の野球中継がよくあったんだけど、何が言いたいか分かります?

プロレス中継を中止して野球中継を放送してたのよ。

大学時代は「ザ・テレビジョン」を買ってたのだけど、次のプロレス放送日をチェックすると、野球中継が入ってる。雨天の場合はプロレス。そんなんばっかり。

当時は福岡ドーム(今のヤフードーム)じゃなくて平和台が本拠地だったので、雨なら野球は中止だったからプロレスは放送されたんだけど、野球の試合があったらプロレスは放送中止。延期じゃなくて中止。他の時間帯や曜日に振り替えることすらしてくれない。

これ、新日本のKBC(テレ朝系列)も、全日本のFBS(日テレ系列)も同じだった。

1989年6月5日、武道館で行われた三冠戦の「鶴田vs天龍戦」ってのがあったんですよ。3つのチャンピオンベルトを統一して初代の三冠王者になった鶴田に天龍が挑戦した試合で、1989年の年間最優秀試合にも選ばれた名勝負。

この放送日も野球中継が入ってた。もうー、ふざけんなよ!

雑誌の放送予定を見た時点では試合結果を知らなかった(ってか試合当日の前だった)けど、名勝負になるのは間違いないと信じてたから。

なのに野球。当時そんなに強くなかったホークス。しかも結果が判ってる深夜。三冠戦よりホークスを取る意味が分からん!

電話しましたよ。FBSに。

「他の日に改めて放送する事は現時点でありません」
「雨天でない場合は、おそらく放送される事はないと思います」
「おかげ様で深夜にもかかわらず野球中継の視聴率は好調です」

そんな類いの事を言われた。お願いだから他の日に放送して下さい、と頼んでも「私の一存では…」みたいな。

結果的に、その日は雨が降ったので三冠戦も無事放送されたんだけど、もし雨が降らなかったら、私は、というか福岡のプロレスファンは、あの試合を観ることが出来なかった。

なので当時、心の底からホークスがキライだった。今は心からホークスを応援してるけど、当時は「テレビ局が放送する気をなくすほどボロボロに弱くなってくれ」と本気で思ってた。ホークスファンの人ゴメン。

ちなみに新日本で、馳&健介が初めてIWGPタッグ王者になった試合、あれも同じように「ホークス野球中継(雨天の場合はプロレス)」って扱いで、結果的に野球があったせいで放送されなかった。

あの時もKBCに電話したが、FBSと同じ事を説明され、他日に振り替え放送されることもなかった。なので私はあの試合を観てない。週刊プロレスで写真を見ただけ。

とても残念でならない最期

天龍と抗争を始めたあたりから、誰が見ても分かるほどの強さを見せ始めた鶴田。三沢や川田たちが台頭してきてからは、更に高い壁であろうとしたんだろうね、もう見てて怖いくらいの強さ。

以前はアンチ鶴田だった私も、友人から鶴田の強さや怖さを解説してもらったこともあり、また三沢や川田たちが「殺されちゃうよ!」ってくらい鶴田の過激な技を喰らってるのを見て、さすがに「鶴田スゲー」と思うようになった。

ところが1992年。鶴田はB型肝炎を発症し、年末の最強タッグを目前にして戦線離脱。この時点ではそれほど大事に至るとは思ってなかった。

鶴田の代わりには新人だった秋山準が起用され、この年の最終戦・武道館大会を私は観に行った。生まれて初めてのプロレス生観戦。

翌年に復帰はしたけれど、もう三沢たち第一線の選手たちと闘うことはなかった。馬場さんたちと6人タッグでときどき試合をする感じ。

1999年、馬場さんが亡くなった直後に鶴田も引退を発表。馬場さんの死も驚いたけど、鶴田も続けてプロレス界から去ると知って驚いた。

武道館での引退セレモニーはテレビで観たけど、寂しかったなぁ。あんだけ巨大だった鶴田が痩せてしまってて。

その後、アメリカの大学に客員教授として赴任。しかし肝臓の病状が悪化していたらしく、海外での脳死肝移植をすべくオーストラリアでドナー待ちをしてるというニュースが突然入って来た時は「え?そんなにヒドイの?」とビックリしちゃって…。

2000年、フィリピンでドナーが見つかり、鶴田はフィリピンへと移動し手術。ところが手術中に出血が止まらなくなり、急死。享年49歳。

手術ミスだとか、当時いろいろ報道されてたけど、結局どうだったのかは知らない。鶴田が急死した直後に三沢たちが全日本を離脱し、鶴田の奥さんが怒ってる報道も見た(後に誤解がとけて和解したみたい)。

あれだけ強かった鶴田が、誰にも負ける気がしなかった鶴田が、病気で痩せ細り、そしてこの世から奪われてしまったのは、とても辛く哀しく寂しかった。

印象的なムーブ・ベスト3

★第1位:バックドロップ

鶴田でこれ挙げないとおかしいでしょ。

とはいうものの、ニック・ボックウィンクルからAWA王座を(日本人として初めて)奪った試合のフィニッシュは、観てて「そんなにスゴイか?」と半信半疑だった。まだ当時はアンチ鶴田だったのもあるんだけど。

ただ、ドリー直伝よりもルー・テーズ直伝の方がイイのは分かったw

三沢や川田たちの壁になってた頃のバックドロップは、ホントにエグイ。きっと三沢や川田たちの受け身の技術を信頼してこその角度なんだろうと思うけど。しかしヒドイ。特に川田に対しての角度がヒドイ。

川田って、鶴田もだしウィリアムスもだし三沢もだし、みんなから猛烈な角度でスープレックス喰らうんだけど、嫌われてたんだろうかw

でも、それがあって川田の「デンジャラス・バックドロップ」が生まれたんだろうね。川田のバックドロップも相当にエグイ。

★第2位:ジャンボ・キック

まだ「鶴田スゲー!」じゃなかった頃は、相手をロープに振って、帰ってきたところを足上げて、相手の顔にチョコンと当てる感じの、言っちゃえばソフトな感じのキック。

ところが、ライバルのブロディが急死して、彼の技を継ぐとか言い始めたあたりから、鶴田のカウンターでのキックがハンパなくなっていく。

天龍も川田も、鶴田のキックで歯を折ったんだよね、確か。

特に怒ってる時のジャンボ・キックは、帰ってくる相手のスピードと、蹴り上げる足の勢いの双方がスゴかったので、これ首がモゲるぞと本気で怖かった。

あれは確かにブロディのキングコング・キックを継いだと思う。

★第3位:ジャンボ・リフト

これは正確には鶴田が命名した技の名前じゃなくて、あとになってメディアが勝手に名付けただけ。しかも1回しか使ってない技。

鶴田と天龍、最初の三冠戦の時、天龍のフィニッシュであるパワーボムを鶴田が逆に仕掛けたんだけど、もともと使ってないから落とし方に慣れてなかったか、ものっすごい角度で天龍を落としちゃった

天龍は泡を吹いて失神。異変を察した鶴田がフォールして、当然ながら3カウント。試合終了。

なんか様子がおかしいぞと、これまた異変を察してシーンとなる観客席。遅れて鳴り響く試合終了のゴング。倒れたままの天龍。心配そうな鶴田。

会場内の全体が緊迫した空気。テレビを観てて怖かったのを覚えてます。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :