Kindle Paperwhiteの保護カバーを購入、指紋も気にならず触り心地も良く快適!

スポンサーリンク

特に裏面の汚れが気になる

今年3月、念願の電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を購入しました。

Kindle Paperwhite


コンパクトなサイズや軽さ、そして目に優しい液晶や読みやすい文字など、様々な点で感心・感動するガジェットなのですが、使っていくにつれて心配も増えてきます。

まず、外出時にPaperwhiteをお供として同行させた時、液晶がムキ出し状態ですので、無造作にカバンに入れてしまうと傷が付いてしまうんじゃないかと心配になります。

次に、液晶の反対側、つまり本体の裏面になるんですけど、指紋がベチョベチョ付いてくるんですよね。

私は汗カキ体質なので、iPhoneもiPadもすぐ汗まみれになってしまい、液晶面や本体面を使う都度拭いてます。Paperwhiteも同じように拭いてたんですけど、Paperwhiteの裏面に付着した指紋ってなかなか取れないんですよ

液晶面はそんなにあちらこちらをベタベタ触らないので指紋もそれほど付着しないし(触れた所は当然ながら付きますよ)、付いたとしても拭き取れば綺麗になります。しかし裏面は読書の際に本体を支えるため指全体でガッシリ持ってることもあり、やたらと指紋に気合が注入されてしまうらしく、容易に拭き取ることができないのです。さあ困った。

このまま指紋が目立つのは恥ずかしいし、私の指紋を何かの犯罪に利用されても困るので、保護カバーを買うことにしました。

そういうわけで保護カバーを購入

Kindle Paperwhite保護カバー

▲ 私が買ったのは、inateck製の保護カバー。色はブラウンにしました。

色は5色あって、それぞれ価格が異なります。

ちょうど私が保護カバーを購入した時期、Amazonでは「Kindleカバーのセール」が開催されていました。でも純正カバーはセール対象だったものの全然安くないし、個人的に買いたくなるようなカバーやケースも他になく。

今回私が購入した保護カバーはセール対象品ではなく、以前から「欲しいものリスト」に入れて価格チェックしてたものでした。セールで安くならないのは残念でしたが、元々安いからヨシとするか、ってことで購入に至りました。

保護カバーを開けた状態

▲ カバーの表面を開けるとこんな感じ。他のPaperwhite用保護カバーにも同様の機能を持ってるものが多々ありますが、こちらの製品もカバーを閉じると自動でスリープ状態となり、カバーを開けるとスリープ解除になります。

私のPaperwhiteは「キャンペーン情報つき」タイプですので、上の写真の通りスリープが自動解除されても、もう1つキャンペーン情報の「ロック解除」をする必要があります。

「キャンペーン情報なし」タイプであればキャンペーン情報画面でロックされないので、スリープ自動解除ですぐ読書できる状態になるんじゃないですかね。未確認ですけど。

保護カバー装着状態

▲ カバーを装着した状態でPaperwhiteを真横から見るとこんな感じ。カバーはとても薄いので重さをほとんど感じず、軽いです。また柔らかいレザー素材で作られていますので、手触りがすっごくイイです。とても気持ちいい。

保護カバー装着状態

▲ iPadの場合だと「カバー」は液晶面のみ保護で、「ケース」が表と裏の両面を保護するネーミングになってることがあります。今回購入したのは名前こそ「保護カバー」ですが、液晶面と裏面の両方を保護するケース形状になってます。

なので私が危惧していた「裏面に指紋ベチョベチョ」を防ぐことができるようになりました。

保護カバー装着状態

▲ iPhoneケースの中には「一度ケースの中にハメてしまうと、取り外す時に硬くて大変!」ってタイプのものがありますよね。私も以前それで発狂しそうになった過去があります。

inateck製のPaperwhite保護カバーは無理なくカチッと装着できますし、ほとんどチカラを必要とせず簡単に取り外すことができました。

表面のカバーはマグネットで固定する方式ですので、カバンの中で勝手にカバーが開いちゃって液晶が傷だらけになってた、なんて悲劇も起こらずに済みます。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

今回私が購入したinateck製の保護カバー以外にも、AmazonではKindle Paperwhiteを始めとしたKindle電子書籍リーダーの保護カバーが複数のメーカーから販売されてます。中には私のより安い価格のものもあります。

購入した愛しいPaperwhiteの汚れや傷が心配な方々、保護カバーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。せっかく手に入れたんだから、綺麗に長く使い続けたいですもんね。

液晶面のほうも指紋汚れや傷が入るのは困る! って方、保護フィルムもあります。ここまでやっとけば万全でしょう。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :