福岡市と北九州市、それぞれをどう呼んであげれば分かり合えるのだろうか

福岡県民歴が長いけど元々は他県出身


Argumentar / Francis Carnaúba

福岡県民歴が25年を超えました。25年と少し前、大学入学を機に福岡県にやって来て以来ずっと北九州市民です(途中で就職のため関東に引っ越したりもしたけど)。

それまで住んでた鳥取県に比べれば、北九州市は大都会。なんせ当時の北九州市は人口100万人。鳥取県全体の人口(=約59万人)よりはるかに多かったんだから。今は北九州市も人口100万人を切ってしまいましたが、それでも鳥取県と比較したら大都会なのは変わらない。

しかし、北九州市よりもさらに大都会なのが福岡市。人口146万人ですからね。鳥取県の2.5個分。(面積の話ではなかった)

学生時代は福岡市に訪れる機会が全然なく、社会人になって車を購入し、福岡市に車で行く機会が少し増えました。でも福岡市を運転するのは「戦争に行く」ようなもんです。無法地帯すぎて怖くて田舎者が運転する場所じゃない。最近はJRや高速バスで行くことが多くなりました。

そんな「元鳥取県民だけど福岡県民の生活も長くなった」という私が移住当初から現在に至るまで感じている福岡市と北九州市の仁義なき抗争について今回まとめました。

福岡=博多という誤解

福岡市に行く用事がある時、家族には「博多に行ってくる」と伝えてました。Twitterでも時々そう言うし、ブログエントリーのタイトルにも「博多に行ってきた」と使ったことがあります。嫁や子供たちは今も「福岡」のことを「博多」と呼んでます。

これは私が他県出身だからというのも関係してるはずなのですが、「福岡」と表現するより「博多」と表現する方がシックリ来るんです。

まず、福岡市は新幹線の駅が「博多駅」なんですよ。福岡駅じゃないんです。鉄道ファンは「福岡県で最も大きな駅は博多」と認識するだろうし、学校で地理を学習する時に使う地図にも「福岡県」「福岡」という表記と並んで「博多」という表記も大きく目に付きます。

だから福岡に住む前は「福岡市の昔の地名が博多だったのかな」「福岡市の愛称が博多なのかな」などと思ってました。冗談ではなく本気で。

「福岡に行ってきた」とSNSで報告すると、「あれ? りくさんって福岡県民じゃなかったっけ?」というリアクションが時々返ってきます。「市」なのか「県」なのかが紛らわしいんですよね。まあでもこれは福岡に限らず新潟でも佐賀でも鳥取でも高知でも同じ感じなのかもしれないけれど。

県外の方々であれば「博多」と聞くと福岡市のことだと想像しがちです。「博多どんたく」「博多名物」などと祭りの名称や名産品にも博多の名が使われてたり、新幹線駅の名前も「博多駅」だったり。

博多と聞いて、天神、中洲、大濠公園、福岡ドームといったエリアや観光スポットがある所、要するに福岡市全体のことを「博多」だと想像しちゃう人が県外には多くいます。

んなわけねえだろ、って福岡県民なら(特に生粋の福岡市民なら)思うでしょう。でも県外の人のイメージって案外そうなんです。「福岡市=博多の街」と捉えている他県の方々は福岡県民が想像する以上に存在します。他県に出張や旅行で行った際に福岡の話をするとよく分かります。

鳥取県と島根県を逆に覚えてる人よりはマシですけどね。っていうかこっちの方こそ山陰出身者から言わせればテメエふざけんなよって怒り狂う話なのですが今回関係ないので割愛。

福岡市民は「福岡」と「博多」の混同を異様に嫌う

福岡市民の多くは「福岡=博多」を混同して言われることを異様に嫌います。本気で怒る人も実在します。(もちろん全然怒らない人もいますよ)

SNSなどインターネット上でも「福岡市のことを博多って呼ばれるとムカつく」という意見をよく見ます。少なくありません。

そんな怒りを買うほど否定されちゃうようなことなのか? と最初はビックリでした。

以前、JR博多駅からかなり離れている「早良区」に友人が住んでて、そこに行く時は確かに私も「博多に行った」とは言いませんでした。「早良区に行ってきた」でしたね。

そういう感じで、あくまで博多と言ったら「福岡市の博多区」のことしか指さない、そこ間違えんな、というのが「福岡市イコール博多じゃない」という人の主張です。

つまり「キャナルシティ博多」「博多座」「川端商店街」そして山笠がある「櫛田神社」などは「博多区」だから博多と呼んでもいい。歓楽街として有名な「中洲エリア」も博多区だから博多。

しかし、中洲は中洲でも「西中洲」というエリアは「福岡市中央区」なんですよ。そのエリアだけは「博多」と呼んじゃうと怒る人がいるのか? 理屈では「博多ではない」から怒られることになりますよね。めんどくせえなー。

香椎花園があるのは「東区」。天神や警固公園や大濠公園も「中央区」。ドームや福岡タワーがある百道エリアの場合がまた複雑で、ドームは「中央区」だけど福岡タワーは「早良区」。全部「博多」ではない。ややこしい。

要するに、他県の人が博多と呼んでるエリアの多くは「博多(区)ではない」ということです。しかしヨソ者はココが何区なのか細かい所まではさすがに分かりませんよね。それで博多と呼んで怒られるってのも可哀想。

私自身は最近、福岡市に行った際のことをブログ記事に書く時、総称としての「博多」は使用せず、「天神に行った」「百道に行った」など、多くの人に馴染んでるエリア名で表現するようにしています。でも他県の人には「百道ってどこ?」となるんですけどね。ローカルネタは仕方ないですわ。

「北九州=小倉」と混同する人もわずかながら存在する

一方、私の住む北九州市は1963年(昭和38年)に「門司市」「小倉市」「戸畑市」「若松市」「八幡市」という5つの自治体が合併して出来た市です。その後、小倉は「小倉北」と「小倉南」に、八幡は「八幡東」と「八幡西」にそれぞれ分割され、現在は7つの区で形成されています。

私自身が北九州に長く住んでるからなのかもしれませんが、北九州市に関しては福岡市と違って、比較的「区で呼ぶ」ことが浸透しているように思えます。

つまり「北九州に行ってきたよ」ではなく、「小倉に行ってきた」「門司に行ってきた」「戸畑に」「若松に」という風に。

ただ、JR新幹線の駅は「小倉駅」。小倉北区にあります。福岡市における「博多駅」と同じ関係性ですね。

なので北九州市のことを「小倉」と呼んでる人も確かに存在します。特に昔々の人、北九州市が誕生する前の「小倉市」を知ってる他県の高齢者は北九州全体のことを「小倉」と呼ぶのを聞いたことがあります。

ただ体感としては「福岡市=博多」より「北九州=小倉」と呼び方を混同する他県の人の割合は少ないです。統計を取ったわけでもないので断言はできないですけども。

たとえば北九州市八幡東区にあるメジャーなテーマパーク「スペースワールド」ってのがあります。これを「小倉のスペースワールド」と呼ぶ人は私の観測範囲においては聞いたことも見たこともない。北九州のスペースワールド、とみんな言うはず。

そういう意味では、天神も百道も「博多」と言う人に対して「そこは博多じゃねえよ!」と言いたくなる人の気持ちも分かります。同じことですもんね。「小倉のスペースワールド」じゃなくて「八幡のスペースワールド」だし。

複数の市が合併して出来た自治体であること、合併した時期が比較的最近だということ、そして昔の市名が現在も区の名前として使われていることなどから、北九州市内の各エリアを「小倉」「戸畑」などと区で表現することは、県内県外を問わず、大半の人が違和感ないように感じます。

「北九」と省略されることを嫌悪する北九州市民もいる

そんな北九州市ですが、これもネットでよく見かけます。

「福岡(市)の人達から北九州のことを北九(きたきゅー)と省略されるとムカつく!

なぜお互いにそんなムカつき合ってるのか。ヨソ者にはサッパリ分からない。

私の友人も昔「北九と言われるとバカにされてる気がする」と言ってました。

「北九」と省略する人ってバカにした気持ちで言ってるの? 中にはそういう人もいるかもしれないですが、別に「北九」って蔑称じゃないでしょ? 言う人みんな、そこまで深く考えてないと思うけどなあ。

北九州市には「北九州大学」という大学があり、現在は「北九州市立大学」に名称を変えましたが、昔も今も大学の愛称は「北九大」です。

北九州市内や近郊にある他の大学も、同じような感じで省略された名前が愛称として浸透しています。

・北九州市立大学 … 北九大
・九州工業大学 … 九工大
・九州国際大学 … 九国大
・九州共立大学 … 九共大
・福岡教育大学 … 福教大

この「北九大」という名前については、不思議なことに誰も文句は言いません。

福岡市の方言を「博多弁」と呼んだりすることがありますが、北九州の方言を「北九弁」ということがあります。これもそれなりに浸透してます。中には「北九州弁」という人もいますが、北九弁という通称もよく聞きます。

ちなみに私はヨソ者だからなのか、北九州弁と言ってます。「北九弁」の響きがイヤなわけじゃなく、昔からそう言ってるというだけの理由です。

なので、中には言われても怒られたりしない「北九」という略称もあるんです。でも、

「今日、北九に行ってきた」
「北九の人はさ~」

などと言ってるのを聞くと「やめろ!」「ムカつく!」「バカにするな!」と怒る人が確実に存在するんです。気性荒すぎだろ福岡県民は。

八幡や戸畑に行ってきた人が「小倉に行ってきた」というのを聞いて「小倉じゃねえよ!」と異論を唱えるのは分かります。でも、なぜ「北九」と略すだけでそこまで過敏になるのか。

「アナタは生粋の福岡県民じゃないから分からないんだよ」と言われたら、もうな~んも返す言葉はないですけどね。その通りだから。

私の知らない歴史でもあるんですかね。福岡の郷土問題に詳しい方いたら教えて欲しいわ。

「小倉」の略称に怒る北九州市民すら存在する

最後に余談ですけども。

上で書いた通り「今日、小倉に行ってきたよ」と言うと意味が通じる、って書きました。でも、

「小倉、小倉ってなぁ、小倉は小倉北区と小倉南区があるんじゃ! 小倉北とか小倉南とか言え!」

と怒り出す人が(数は少ないものの)存在します。怒る人って100パーセント「小倉南区に住んでる人」なんですけどね。小倉は小倉北だけと思うなよ、ってことなんでしょう。

一度、大学時代にこの話がヒートアップし過ぎて、大学の食堂で殴り合いのケンカにまで発展してました(笑) ウソや冗談ではなく本当の話です。福岡県民はどうしてそのレベルの話題でそこまで熱くなれるのか。不思議でならない。

というわけで、北九州の小倉に来た人は、たまにでいいから小倉南区のことも思い出してあげてください。こんなこと書くとまた怒る人いるだろ。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

そういう訳でいろいろ事例を紹介しつつ書いてきましたが、他県出身者の私にすれば

みんな仲良く!

としか言いようがありません。血の沸点が低すぎる。そんな私もすぐキレます。福岡県民歴が長くなったせいでしょうね。全部福岡が悪い。

何はともあれ福岡も北九州もいいところですよ。(唐突に脈絡もなく締め)

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
(最終更新:2017年1月11日)コメントComments Off
CATEGORY :