今回はジャンキーな「まぜそば」を喰らう「上村敏行商店」@ラースタ

スポンサーリンク

10日という短いスパンで再訪問

先月末、福岡市の某所でセミナーを受講した帰り、夜の9時半頃にやって来たラーメンスタジアム、通称ラースタ(@ra_sta)。

その時に食べたのが、「上村敏行商店」の油そばでした。

油そばの詳細は、ここで書くと重複するので省きますが、とにかく美味しかった。感動、そして衝撃。

今回のラースタ訪問では、まず最優先として決めてたのは、まだ一度も行っていない「豚とろ」で鹿児島ラーメンを食べることでした。

その後、再び「上村敏行商店」にお邪魔して、今度は「まぜそば」を食べよう、というのも前日の時点で決めてました。

IMG_1459

↑こちらの店舗は、ラースタに入店している他の店舗とは違い「ラーメン特区」という扱いで、6月末までの限定営業となっています。食べるなら今しかないのです。

IMG_1458

↑前回食べた「油そば」。

IMG_1457

↑今回食べようと思ってた「まぜそば」。

IMG_1446

↑予定通り「まぜそば」を注文。700円。

IMG_1447

↑前回とてもフレンドリーにたくさんオシャベリしてくださった店長さん、今回は不在でした。ラースタ内の別店舗(二男坊)に行かれてたのかもしれないですね。

今回は若い男性店員さんが厨房で作業してました。前回と同じく「写真撮らせてもらっていいですか?」とお願いすると、「はい」とOKをもらったものの、少し戸惑われてる印象だったので、申し訳なく思い横からのお顔を撮影させてもらいました。

IMG_1448

↑カウンターに「まぜそばのおいしい食べ方」が説明されてました。「油そばとは違い、激しくジャンクな麺である」「豪快にすするべし」など。

食べ物で「ジャンク」とか「ジャンキー」という表現は多様な捉え方がありますが、「油そばとは違う」と強調されてる点でも興味が湧きます。

IMG_1450

↑まず最初の状態がこちら。生卵、海苔、もやし、水菜、ネギ、そして「ベビースターラーメン」みたいな乾麺? マヨネーズも最初から入ってました。

IMG_1451

↑前回、優しい女性店員さんに教えてもらった、カウンターの横にあるトッピングバー。

IMG_1452

↑前回、感動と衝撃の化学反応を見せてくれた功労者、「柚子コショウ」。文字が写ってないので分かりにくいけど、横にはおろしニンニクもあります。

IMG_1453

↑トッピングバーの説明に「まぜそばは、カレー粉がおすすめ」と書かれていて、どうしようか迷ったのだけど、結局今回も前回とまったく同じトッピング内容。「柚子コショウ」「紅ショウガ」「かつお節」の3つ。めっちゃ無難。

カレー粉を入れると味がおそらくガラッと変わる気がしたので、まずは本来の味を食べてみたかったのです。カレー粉を入れる方が「ジャンキー」なんでしょうけどね。

IMG_1454

↑さあ、混ぜるよ。

IMG_1455

↑ジャンジャン混ぜるよー。

IMG_1456

↑これだけ混ぜれば十分かな。

「油そば」は、固形の豚骨スープが入っていて、混ぜていくにつれてそれが溶け、麺と馴染むことで「スープはないけど豚骨風味」を味わえるという、とても面白い味でした。今回の「まぜそば」はその固形豚骨がありません。本当に「まぜそば」。

なので、「これラーメンじゃないでしょ」と言う人がいたら、まさにその通りですね。これはラーメンじゃないです。北九州が発祥地と言われる「焼きうどん」、あれに近い感じ。混ぜ系のパスタにも近いですね。

食べていて最も感じたことは、マヨネーズの存在感

私、普段はマヨネーズを食べません。キライじゃないんですよ。むしろ大好きです。でも数年前に太り過ぎて以降、カロリーが気になるのでマヨネーズは食べなくなりました。

ハンバーガーに少し入ってるとかのように、量が少ないとか、取り除くのが面倒な時は食べます。元々好きですから。でもお好み焼きには使わなくなったし、野菜サラダもドレッシングで食べます。マヨネーズ以外のもので代用できる料理は一切マヨネーズをかけなくなりました。

そういう私が、久々にマヨネーズのたっぷり入った料理を食べた、と想像してください。

前回の「油そば」で感動するほど美味しかった「柚子コショウ」。今回は前回よりも多めに柚子コショウを入れました。

にもかかわらず、マヨネーズの味が勝ってしまい、柚子コショウの味がほとんど感じられない。

あとは、固形豚骨スープがあったおかげで「油そば」の時はスープなしにもかかわらず最後は「サラッ」という食感でしたが、今回のまぜそばはスープがないのに加え、マヨネーズが入ってたので、「ネチョッ」感が強かったですね。混ぜ系パスタによくある食感です。

誤解のないように書くと、これも面白い味だったし、おいしかったんですよ。ジャンキーと喧伝してる意味も食べてて分かった気はしました。とにかく面白い。

ただとても個人的に「これはマヨネーズを混ぜなければもっと美味しかったのかなー」と、食べ進むにつれて思いました。マヨネーズ好きな方には、逆にとてもタマラン味で美味しいと思います。

「まぜそば」についても少し店員さんに聞いてみたかったのですが、私の食事中、店員さんみんな消えちゃったw どこにも見当たらないので、仕方なく黙々と食べました。

やっぱり前回の油そばがインパクト強すぎたので、次は油そばかなー。それとも次こそ「まぜそば」にカレー粉を入れて、マヨネーズ抜きで食べるのも面白いかも。

いろいろと楽しみが膨らむ「上村敏行商店」。くり返しますが、6月末までの限定営業ですので、興味のある方はお早めに。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします