桜のトンネルに感動!中間市の花見名所・垣生公園に行ってきた

天気も良かったので駐車場が大混雑

家族全員の休みがなかなか合わない昨今。先日ようやく全員の休みが合致したので、桜の花見に行こうということに。

いろいろ案が出た中で決定したのが、今回紹介する福岡県中間市(なかまし)の垣生公園。「はぶ・こうえん」と読みます。

場所は中間市役所のすぐ前にある橋を渡り、そのまま直進すると垣生公園の案内板に従って左折すれば駐車場があります。快晴だったこともあり多数の花見客が来ていて駐車場の手前から大渋滞。15分ほど待ってようやく駐車できました。

JR筑前垣生(ちくぜん・はぶ)駅から徒歩で5分もかからない距離にありますので、JRを利用して来られてる方々もたくさんおられます。

CIMG3963

▲ まず垣生公園の高台へ。公園を見下ろせてなかなか良い景色です。

CIMG3964   CIMG3965

▲ 中間の街が少しだけ一望できます。手前にあるのは中間市営野球場。

CIMG3967

▲ 公園の方に下りていくと何かのモニュメントを発見。昔の中間市長さんが書かれたと思われるメッセージが石碑に彫られていました。

CIMG3968

▲ 公園の少し奥にある広場。ステージもあるし、子供が遊ぶ遊具もここにあります。レジャーシートを敷いて正午過ぎからお酒飲んで気持ちよくなってる方々が多数。バーベキューをしてる集団もいました。

CIMG3969

▲ 公園内の広い池ではボートの貸し出しもしています。30分で300円。(30分を越えたら超過料金あり)

CIMG3970   CIMG3971

▲ 噴水が定期的に水を噴き上げています。池のすぐ前には幼稚園があるのですが、入園式は桜に囲まれて最高のシチュエーションでしょうね。

CIMG3972

▲ 池の中央に架かる赤い橋を渡ると、石の階段が始まります。子供たちによれば100段以上あったとか。

CIMG3973   CIMG3976

▲ 石段を上り終え、埴生神社の境内に到着します。読み方は同じ「はぶ」ですが、公園と神社で漢字が異なります。

CIMG3974   CIMG3975

▲ 公園内で最も古い桜の木が境内にありました。

CIMG3980

▲ 神社の石段を下り、池の周囲をグルリと一周します。JRの線路がすぐ近くを通っているので、電車内から公園の名前が分かるように看板が立てられています。

CIMG3986   CIMG3987

▲ 快晴の日に見る桜は格別。天気が良くて本当に嬉しい。

CIMG3985

▲ 線路と池の間を通る、この桜の小道が私は好きで、いつも写真を撮ってしまいます。

CIMG3988

▲ 池の近くに中間市役所の出張所や野菜の直売所が建てられました。

近くには露店も出ていて、子供たちはここぞとばかりに、ソフトクリームやたい焼きを喰らいまくってました。私も食べましたが、「白いたい焼き」はモチモチしていて美味しかった。

CIMG3990

▲ 埴生神社の鳥居。ここをくぐると池を渡る赤い橋が連なっています。

CIMG3991   CIMG3992

▲ 再び広場に戻ってきました。遊具の他に昔の蒸気機関車も置かれていて、子供たちの遊具と化しています。

まとめ

北九州市にも桜の名所は多々ありますが、今回紹介した垣生公園は遠賀エリアでも有名な桜の名所であり、桜が満開を迎える頃には大勢の花見客で賑わいます。

JRの線路と池に挟まれている小道は桜が満開になると「桜のトンネル」と化して大変美しく、感動的な光景となります。こちらの桜、見に行って損はないですよ。

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
(最終更新:2017年3月23日)コメントComments Off
CATEGORY :