[Я]和歌山歩きまくりツアー、最後の目的地は紀三井寺

スポンサーリンク

前日のウォーキングでゴールできなかった

CIMG0880

↑和歌山旅行、最後の目的地である紀三井寺(きみいでら)に立ち寄るため、JR紀三井寺駅で下車。

当初の予定では、道成寺を散策した後、御坊駅から関空まで直行するつもりだったが、前日の和歌山市内ウォーキングで日没が予想以上に早く、ゴールの紀三井寺に辿り着けなかったため、急きょ2日目の予定を調整し、1時間だけ紀三井寺タイムを設定。関空到着が飛行機搭乗手続きギリギリになっちゃうが、なるようになる。

CIMG0881

↑駅から紀三井寺方面を眺める。山の中腹まで登らなければならない。子供の頃の記憶では、かなり長い階段があったような…。しかし道成寺の時もそうだったように、今は脚力も付いたのでなんとかなるだろう。

階段ではなく坂道が延々と続く

CIMG0882

↑紀三井寺駅を出発し、散策開始。山沿いの道を歩いてると紀三井寺に続くと思われる坂を発見。こっちかな、と進入したら「お客さん、入場料をお願いします!」と係員に引き留められた。ごめんなさい。知らなかったもので。

入場料を支払い、坂道を上り始める。

CIMG0883

↑なぜ紀三井寺に松尾芭蕉の像があるのかは分からない。時間があまりないので説明を読むヒマがなかった。

CIMG0884

↑ひたすら上り坂。和歌山市街が少しずつ眼下に広がり始める。階段はなくなったのか?と思ったら、どうやらここは駐車場への道だったようで、時々車とすれ違った。

CIMG0885

↑駐車場を通過すると、また上り坂。階段、全然ないけど記憶違いだったっけか…。

紀三井寺にも子供の頃、何度か来たことがある

CIMG0887

紀三井寺の本堂に着いちゃった。ほとんど階段もなかったし、それほど疲れてない。こんなにラクな道だったっけか。これも大人になったからなのかな…。

IMG 3702

↑前日、和歌山城の天守閣を見た時は「全然覚えてないや」と思ったが、ここ紀三井寺はうっすら覚えてる。おそらく子供の頃、和歌山城よりも紀三井寺に訪問した回数の方が多い。

おそらく、うちの親は城に興味なかったんだろう。私は城巡りが大好きなんだけど。

IMG 3786

↑お守りを購入。これは自分用のお土産。

CIMG0890

↑朱色の綺麗な塔。「多宝塔」と言うらしい。

CIMG0889

↑紀三井寺の正式名は「紀三井山金剛宝寺護国院」なんだとか。

CIMG0897

↑幸福観音。

CIMG0894

↑和歌山市街地を見下ろす。写真中央にある海の近く、前日訪れた観海閣の辺りも見える。あそこからこっち(=紀三井寺)を眺め、日没までの到着は無理だと断念した。そのとき既に「明日、紀三井寺に行こう」と決めていた。

階段、こっちだったのか!

時間の余裕があまりない。お土産を買う必要もあるので、そろそろ紀三井寺の高台から地上へと下りることにした。

CIMG0898

↑来たのとは反対側(南側)の出口に行くと、なんじゃこりゃ! ものっすごく長い階段

子供の頃の記憶に刻まれてた長い長い階段って、こっちだったと分かった。来た時が坂道で良かった。この段数はさすがにウォーキングで鍛えていようともハードだ。

CIMG0901

↑階段を下りる途中で「紀三井寺の三井水」という場所を発見。

CIMG0903

↑日本の名水百選に選ばれているんだとか。

CIMG0900

↑その「三井水」の場所から本堂まで続く階段を振り返って撮影。まだ半分くらいなのに、こんだけ段数があるのだ。

CIMG0904

↑階段を全て下りて、見上げてみたらこんな感じ。もう一番上が見えてないもんな。こりゃ大変だ…。下りで良かった。

階段を下りてすぐの場所にあった売店で家族へのお土産を購入。嫁や子供たちから猛烈なリクエストのあった和歌山名菓の「那智黒」。私自身も那智黒は絶対に外せない。

売店のおばあちゃんがとてもフレンドリーで、「お茶飲んでいきなさい」と誘ってもらい、お菓子まで頂いた。10分ほどおばあちゃんと雑談。福岡から来たと告げるとブッたまげてた。

1週間前に和歌山は積雪があり、紀三井寺の道も真っ白になり、車がスリップしまくって大変だったと教えてもらった。おそらく和歌山は、福岡よりもさらに「雪に不慣れな街」のはず。私が和歌山に住んでた約7年間で、雪が降ったのはたったの1回だった。その時のことは今も覚えている。

CIMG0905

↑JRの踏切付近から撮った紀三井寺。この光景を私は記憶してた。子供の頃に見て覚えていた景色は、ここからの眺めだったんだな、と分かる。

CIMG0906

↑紀三井寺駅に戻ってきた。次の電車まで10分。これで飛行機に乗り遅れる心配もないだろう。

CIMG0908

↑2日間にわたっていろいろ散策した和歌山旅行もこれで終わり。少し寂しかったが、その何十倍も楽しかったし、懐かしかった。

もう二度と訪れることもないかな、と思ってた場所も今回たくさん行けたし、ウォーキングという意味でもたくさん歩けた。2日間で32km。でも筋肉痛にはなってない。疲れより楽しさが勝った。

またいつか和歌山に来よう。今回、旅費や時間の都合で行くことが出来なかった南紀白浜にも行きたくてたまらないし、那智の滝もずいぶん昔に見たっきり。いつか訪れよう。

遠い記憶の彼方だった第二の故郷が現実になった2日間。素敵な思い出を新たに積み重ねることができた。

 

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :